ねぎは疲れた身体を癒し高い抗酸化力の持ち主!気になる栄養素と超簡単レシピ

ネギ

青ネギや白ネギ、生でも加熱でも、薬味でも風邪気味のときにも、昔から重宝されてきた野菜です。糖質を分解して、エネルギーの代謝を助けるビタミンB1を効率よく吸収する働きが疲れた身体を癒し回復させます。さらに高い抗酸化力でがん予防も期待できます。気になる栄養素と超簡単レシピをご紹介いたします。

ネギの栄養素と働き

ネギの栄養素表

(ウィキペディア引用)

① 硫化アリルが疲れた身体を癒す(いやす)

硫化アリルは野菜が持っている、天然の化学成分、健康に作用する機能成分「ファイトケミカル」です。

糖質を分解して、エネルギーの代謝を助けるビタミンB1を効率よく吸収します。

この働きが疲れた身体を癒す効果があります。疲労回復と健康維持に有効です。

② イソアリシンにがん予防作用あり

イソアリシンも野菜が持っている天然の化学成分、機能成分、ファイトケミカルです。

玉ねぎやニンニクにも含まれています。特有の香りと辛味に含まれているとされます。

生で切ったり、刻んだりすると酵素が活発に働き、イソアリシンも活発に働きます。

このイソアリシンに、活性酸素を無毒化し、酸化を防ぐ抗酸化作用があります。遺伝子レベルでのがん予防に効果があります。

③ βーカロテンが豊富

青ネギは緑黄色野菜です。

悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化(どうみゃくこうか)を予防します。

青ネギや白ネギの青い部分にはクロロフィルが豊富で、血液もサラサラによく流れるようにします。

④ 生で食べても、加熱しても栄養価が高い

生で食べれば、殺菌効果、抗菌作用があります。薬味としても重宝して使われています。

炒めたり、煮たりと加熱すれば、トロミがでて甘味があり、身体が温まり、冷え症の改善や疲労回復に効果があります。

選び方

  • 種類も豊富で、料理によって、太さや色によっても選べます。
  • カットネギも美味しく、手間がはぶけ調理に簡単に使えます。
  • 色が鮮やかで、シャキッとした物を選びましょう。
  • 根や切り口が茶色く変色した物は古いです。

保存方法

野菜保存

① 冷凍保存がおすすめです

小口切りや、2~3cmの長さ切り、などにして、ジップロックに入れ、平にし、空気をできるだけ抜いて閉め、冷凍保存します。

調理するときはそのまま出して使えるので、便利です。

1ヶ月で使い切るのがベストです。

② 冷蔵保存

生で冷蔵庫内で保存する場合は、ラップやビニール袋、ジップロックでなるべく空気をぬいてピタっと密封します。

手でちぎっても、包丁でカットしても、切ったところは茶色く変色します。使うときに変色した部分だけ取り除けば使えます。

③ しおれてしまった場合

忘れていた・・・場合はしんなりしています。シャキッとさせるには、50度洗いです。驚くほどシャキッとします、どんな葉野菜でも。

水:沸騰した湯をボールなどに、1:1で入れると50度になります。そこへしんなりレタスを丸ごとつけましょう。2~3分でシャキッとします。

ネギを使った超簡単レシピ

ねぎだくお好み焼き

ネギだくお好み焼き

お好み焼きにはどんな野菜を入れても、美味しくできます。いつもよりネギを多い目にいれて、子どもから大人まで大好きな1品です。白ネギ、青ネギどちらもおいしい。

ねぎだく牛丼

ネギだく牛丼

牛丼でも焼肉丼でもネギだくさんなら野菜の栄養もたっぷりです。

甘辛い味付けでも、焼肉のタレの味付けでも相性抜群です。食欲もそそり、子どもも大好きなメニューです。

必須アミノ酸も野菜も一緒に摂れるどんぶりは、簡単につくって食べられる優れもの料理です。温玉や切り海苔を添えればごちそうです。

材料

ネギ、牛肉、市販の焼肉のタレか焼き鳥のタレ、温玉、切り海苔

作り方とポイント

  • ① ネギ・・・小口切り
    • 牛肉・・・一口サイズにカット
  • ② 牛肉を炒めて、タレをからめ、再度少し炒め、
    • ごはん、ネギ、牛肉、温玉、切り海苔を盛り完成です。
ねぎチャーハン

ネギチャーハン

忙しい時や手抜きしたい時は、冷凍チャーハンで充分です。とにかくネギをたっぷり入れて、レンチン温めでOKです。

残り物野菜をたっぷり入れて作っても美味しく出来上がります。冷蔵庫の残り物をかたずけるには、便利なレシピです。市販の塩だれ、ガラスープの素や中華だし、かつおだしの素でも美味しく出来上がります。

ねぎラーメン

ネギだくラーメン

インスタントラーメンにたっぷりネギをのせて、ゆで卵や海苔ものせて、熱々をどうぞ。疲労回復に風邪気味のときにも食欲が出る1品です。

白ネギはスライサーを使うと、細かいスライスが可能です。水にさらさないで使うのが栄養を逃がさないコツです。苦味がにがてな方は、さっと水を通すだけにしましょう。

ねぎ鶏ぞうすい

ネギ鶏ぞうすい

風邪気味で食欲がなく、胃腸の調子が良くないときは、柔らかく消化の良いぞうすいがおすすめです。脂肪分の少ない、鶏むね肉や鶏ミンチが消化が良いと思われます。残りご飯で充分美味しく出来上がります。

仕上がる寸前に溶き卵でとじて、ネギ、切り海苔を盛れば完成です。白だし、薄口しょうゆ、だしの塩味だけでも上品で淡泊な味に仕上がります。

ねぎ厚揚げ納豆

ネギ厚揚げ納豆

意外と栄養価、消化吸収がよいのが、ひきわり納豆です。厚揚げの上に乗せて、ネギをたっぷりかけて、ポン酢やしょうゆ味でシンプルに和風おかずです。キムチを乗せて、ごま油、しょうゆなどをかけても絶品です。お酒のおつまみにもいけます。

納豆と油は相性がよく、常食していると、骨密度が上がるといわれています。女性の閉経後の骨粗しょう症の予防にかかせません。ぜひお試しください。

ねぎ豚焼き丼

ネギ豚焼き丼

ネギは牛肉とも相性抜群ですが、豚肉とも美味しいだけでなく、疲労回復効果にもベストの組み合わせです。豚肉にはビタミンB1が豊富で、ネギがそれを効率よく吸収し、代謝、分解を助けます。疲労回復に効果があります。

ラーメンにのっているようなチャーシュー焼豚をそのまま使うのもいいですが、生の豚肉を炒めてのっけるのもおいしいです。市販の焼肉のタレや、豚のしょうが焼きのタレを使って、超簡単に出来上がります。ネギをたっぷり乗せて栄養価も高い、安心レシピです。

ネギ味噌汁

ネギ味噌汁

日本人には、かつおやこんぶのダシの食習慣があり、出来立ての味噌汁は格別においしく感じます。ネギの薬味効果も味噌汁と相性が良く、しかも、味噌、ワカメ、大豆にはマグネシウムが豊富に含まれています。

膵臓の働きを助け、糖尿病の予防と改善にも有効です。心臓疾患の予防と改善にも有効で、脳活性にも効果があり、認知症の予防と改善に期待されています。

串なしねぎま

串なしネギ焼き鳥

早い話がフライパンで、鶏肉とネギを甘辛炒めした料理です。市販の焼き鳥のタレを使えば、簡単です。鶏モモ肉は脂肪が多く、むね肉はさっぱりしていますが、加熱すると縮んで硬くなります。

鶏むね肉は、筋肉の繊維を断ち切るように垂直にカットして、炒める前にフォークでついたり、包丁の背で軽くたたいておくと、だいぶ柔らかくなります。ぜひ、お試しください。白ネギや青ネギを焼いたり、炒めたりすると、トロミがでて、身体が温まり、風邪気味にも効果があるとされます。

介護めしには、出来上がりをキッチンハサミで細かく切ったり、ミキサーでつぶしたりして、のど越し良くすればOKです。たくさん出来上がれば、冷凍保存しておくと便利です。

まとめ

青ネギや白ネギ、生でも加熱でも、薬味でも風邪気味のときにも、昔から重宝されてきた野菜です。糖質を分解して、エネルギーの代謝を助けるビタミンB1を効率よく吸収する働きが疲れた身体を癒し回復させます。さらに高い抗酸化力でがん予防も期待できます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました