介護

眠っている脳はリハビリによって目覚める!

脳活性化リハビリテーションは、眠っている脳を目覚めさせます。人は、脳細胞の3分の2は使われていないまま終わると言われています。見る、聞く、嗅ぐ、触れる、味わうの五感を使うリハビリをし、眠っている細胞を目覚めさせ、なくなった細胞をカバーしていきます。認知症の人の自信を取り戻し、生活の質を高めるのが目標です。
介護

「受診」介護は、信頼できる医師と連携して進めましょう

もう1人で悩まないでください。在宅介護はチームケアの時代です。親の介護で、認知症かなと思ったときの、専門医の探し方から、病院での受診、検査を受けさせるときのコツ、新薬の紹介、やがて来る終末期に家族がぶち当たる問題と解決策のヒント、終末期を見極める症状や施設を探す場合のタイミングなどにも触れています。
介護

火事を起こしかけたのに、「私はやってない」という義母

ひどい物忘れ、暴力、拾い集めなど、認知症の人の困った言動とその対処方法をケース別に具体的な事例を示しながら、ポイントをわかりやすく解説しています。よく見られる問題行動とその原因を理解すれば、適切な対応ができ、家族介護の負担も減らせ、楽に乗り切ることができます。認知症の人のケアのコツを学びます。
介護

お金に執着し、娘を「泥棒」とののしる母

妄想、徘徊、失語、夜間せん妄など、認知症の人の困った言動とその対処方法をケース別に具体的な事例を示しながら、ポイントをわかりやすく解説しています。よくありがちな事例とその原因を理解すれば、適切な対応ができ、家族介護の負担も減らせ、楽に乗り切ることができます。認知症の人のケアのコツを学びます。
介護

「どこも悪くない」と病院に行きたがらない姉

作話、過食、人物誤認、妄想など、認知症の人の困った言動とその対処方法をケース別に具体的な事例を示しながら解説しています。よくありがちな事例とその原因を理解すれば、適切な対応ができ、家族介護も乗り切ることができます。東大医学部卒、川崎幸クリニック、杉山孝博院長の監修書より、認知症の人のケアのコツを習得します。
介護

やっかいな失禁の介護の対処法

排泄は最もプライベートな行為です。認知症の人といえども、その始末を自分以外の人にゆだねるのは、大変つらいことです。わかっていても出来ないのです。やがて、それさえもわからなくなっていきます。介護者は、どうすれば認知症の人の排泄介護の負担を減らし、そのつど演技を楽しむようになれるのか、解説と説明をしています。
介護

入浴介助は便利なグッズと手順で簡単にしましょう

認知症の人の在宅介護に特化した「入浴」に関することの具体的なポイントを解説しています。認知症の人は、マヒがなく立てれば自分で入浴できます。家族は転倒に注意し見守りながら、手を添えるくらいの介助にし、使いなれた自宅のお風呂に、少しの介護用品を足すだけで簡単で負担の軽い介護ができます。準備と手順を解説しています。
介護

介護めしはとにかく柔らかくのど越しのよいものを

認知症の人の在宅介護(ケア)に特化した「食事」に関することの具体的なアドバイスとポイントを解説しています。家庭、家族によって様々な知恵と工夫があると思います。子育てを経験したベテラン主婦の知恵や工夫も素晴らしいですが、男性の介護、仕事を持っての介護、老夫婦同士の介護、遠距離介護にも参考になれば幸いです。
介護

【保存版】初心者でも介護の負担を軽くできるコツがあります

介護職や家族介護に、初心者でもベテランでも、日々の介護にすぐに役立つヒントやコツをシンプルにわかりやすく集約した実践的テクニック。手ごわい認知症ケアに特化した目からウロコ!ものです。介護疲れや落ち込んだ時にこそ、読み返し繰り返し活用することで、介護者の意識が変わり、楽な気持ちで介護ができるようになります。
介護

認知症の進み方を知ることでも介護が楽になります

認知症はやっかいな症状(問題行動)である「周辺症状」を上手に対処すれば、適切な介護ができ負担を減らせます。生活することの難しさに一番苦しんでいるのは、認知症の人自身なのです。その理解を助けるのが、医学的な知識です。認知症という脳の病気がたどる経過も目安として理解しておくと、介護が楽になります。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました