誰にもわかってもらえない症状それはもしかしたら自律神経の乱れかも

脳神経

朝起きられない、動きたくない、寝られない、吐き気、胃の調子が悪い、肩こり、耳鳴り、目のかすみ、イライラ、過呼吸など。病院で診察してもらっても特に異常はないとき、それは自律神経が関係しているのかも。自律神経失調症といわれているものがあります。原因と治療方法、ストレスの考え方も解説しています。

それはもしかしたら自律神経の乱れかも

目に見えてこれと言った症状はなく、体温や血圧も正常、それなのに、だるく、眠く、やる気がおきない・・・それはもしかしたら自律神経の乱れかも。

どんな症状があるのか

めまい、頭痛、冷や汗、動悸(どうき)息切れ、血圧の乱れ、立ち眩み、朝起きられない、動きたくない、寝られない、吐き気、胃の調子が悪い、胃もたれ、お腹が痛い、下痢、便秘、何度もトイレにいきたくなる、手足のしびれ、肩こり、耳鳴り、目のかすみ、イライラ、過呼吸など。

自律神経とは

自律神経と脳

視床下部

視床下部は脳の奥、中心にあり、全身からの感覚情報、自律神経の情報、ホメオスタシス(恒常性)の情報などが集中し、生体のすべての細胞が最適な環境に置かれるように、「自律神経」やホルモンを介してコントロールしています。

自律神経

一言でいって、自分の意思とは無関係に働くシステム、しくみ。

呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係に働いている、生命を維持しているシステム、自律している神経のことです。たとえば、体操をしていて手首や肩を2回まわしたいとき、「2回まわそう」と思えばそのようにできます。

では、今すぐ血圧を下げたいや、早く消化したいので胃や腸を早く動かせたい、と思っても自分の意思では、できません。中には、メンタルトレーニングを習得すれば可能という方もいるかもしれませんが、本来、自律神経とは、自分の意思とは無関係に働いている生命維持システムのことです。

自律神経は交感神経と副交感神経で出来ています

自律神経と身体

自律神経は身体を作っている細胞にとって最適な体内環境を作っています。

内臓をコントロールし、様々な神経を支配し、バランスを保って相反する(あいはんする)作用をしています。そしてどんなときでも1つの器官の働きは2つの(交感神経、副交感神経)相反する作用が働いています。

相反する作用とは、一方が活発になると一方が抑制(抑える)します。

  • 交感神経系・・・身体がストレス状況に対処し、エネルギーを素早く放出
  • 副交感神経・・・エネルギーの維持と回復

動いているときは、交感神経がよく働き、心臓や血流は早くなり、胃や腸、腎臓は動きが鈍ります。静かにしているときは、血管は太くなり、脈はゆっくり動き、胃や腸など臓器は活発に動きます。

これら2つの神経のバランスが乱れてくると、身体にあらゆる症状が現れてくるといわれています。それは内科などの病院の検査では発見されない、診断されにくと言われます。

治療を考えている場合はどこに行けばいいのでしょうか

自律神経失調症かなと思ったとき

精神科・心療内科医師と、消化器科・循環器科・泌尿器科等の身体科医師が、協力して診療にあたることが治療の近道と考えられる。

治療には精神科医師による精神療法・行動療法や、抗不安薬等を用いた薬物療法などが行われている。

西洋医学での改善が認められない場合は、鍼灸・整体・マッサージ・カウンセリングなどが有効な場合もある。

(ウィキペディア引用)

乱れてくる原因で考えられるもの

  • ストレス・・・外部から受ける刺激すべてのこと
  • 肉体的・・・病気、事故など
  • 精神的・・・悲しみ、怒り、妬み、恐れ、疑い、迷いなど
  • 環境的・・・気温、季節、騒音、紫外線など

脳医学BASE-治療というものがあります

BASEとは

「Brain Alarm System Entrainment」

(ブレインアラームシステムエントレインメント:脳内警告系信号路)の略語です。

脳は、生物が持っている生存のための「安全装置」として、外部からストレスがかかると、注意、警告を「信号」として発しているといいます。

その信号を「ブレインアラーム」(脳のアラーム)とするならば、その信号に気が付けば、リセットでき、脳内活動のバランスが整い、「身体」と「心」が本来の働きを取り戻すとされます。

脳は一瞬一瞬に入る膨大な情報を入力・処理・出力していますが、ほとんどが無意識に行われていることで、意識的にできません。

自律神経も脳に支配されています。しかし、人間はすべての行動を自分の意思で動いている、と錯覚しているのだそうです。

動物は周囲のわずかな変化に、常に警戒しながら行動しています。自然界は危険と隣り合わせだからです。そして体調が悪い時は食べず、動かず、身を潜めて、気配を消し、元の状態に戻るまで待ちます。そのままいつもと同じ行動をすれば、命の危険にさらされることを本能として知っています。

行動を抑制する「行動抑制」は「知恵」であり、「安全装置」だといえます。

言い換えると、環境や身体に変化があったとき、その変化に対して、適応や反応が追い付かなかった場合に、脳が「腸腰筋」にブレーキをかけて「行動抑制」をするという仕組みになっているといいます。

脳は危険から身を守り、生きていくため、一番大事な身体の中心にある、最大のインナーマッスル(筋肉)「腸腰筋」にブレーキをかけるとされます。

そのブレーキの信号を「Brain Alarm System Entrainment」

(ブレインアラームシステムエントレインメント:脳内警告系信号路)

略してBASEと名付けられています。

BASE検査法

  • ① BASE陽性反応の検査は、腸腰筋という体の中心近くにある筋肉を使って検査をします。
    • 腸腰筋にブレーキがかかているかどうか、脚をあげて検査をするのが、BASEのファーストアラームのチェックとなります。
    • このファーストアラームに気づかずに行動を続けていると、最終警告のブレーキがかかります。
  • ② 次に、身体の各部分がどのような状態になっているかソフトタッチをして、腕などを上げてもらうことで検査をします。(BASEシンパシティックタッチ)
    • BASEのセカンドアラームです。
    • セカンドアラームは横隔膜(おうかくまく)と言って呼吸に関係する、生存に最も大切なものにも反応し、完全なる「行動抑制」です。

「フリージング」「巣ごもり」と言い、動物は身体が環境に適応でき、思うように動けるようになるまで行動しないといいます。

セカンドアラームが発令されても、気づかないでそのままいると、腸腰筋だけではなく、その他の筋骨格系、神経、内臓、ホルモンなど、すべての機能が抑制されて、自律神経や恒常性機能(ホメオスタシス)がうまく働かなくなります。これが、あらゆる不調や疾患の原因になると考えられています。

自らの脳によって「行動抑制」されているのであれば、このブレーキにより、自律神経失調症のような症状が出現し、「動けない」のは当然です。

うまくできないことや、がんばれないことに自分を責めて、さらにストレスを作ったりしてしまいます。無理をして頑張ると、交感神経を過剰に働かせ、絶えず緊張させ続けると、自律神経のバランスがくずれ、不調や疾患、病気につながると考えます。

治療法

自らの脳が出すブレーキの信号に、自らの脳が気づくと、呼吸が整い、身体の緊張が解けて、心身がベスト状態に戻るとされています。この気づきを与えてくれるのがBASEの治療とされます。

脳のブレインアラームに気づくことなく生活を送ってきた、その症状の深さによっても、治療時間や程度は変わってくるとされます。

ヨガ・鍼灸・整体・マッサージ・カウンセリングなどがあげられます。

人体構造

ここからは、ウィキペディアからの引用です。退屈な文ですが、あきらめないで最後までお読みいただければ幸いです。解決の糸口が見つかりますように。

ストレスとの付き合い

2013年のTEDの講演で、マクゴニガルはストレスを悪と考えることがどう健康に影響するのかという新しい研究を見て、自らの考えを再評価したと話し、数ヶ月で100万PVを達成した。

マクゴニガルはその研究をストレスを悪と考える人は、生きていく上で期待されることに苦しむという逆効果に見舞われていると紹介し、現在彼女は、ストレスが弾性を生み出すならば、見方によっては他者とつながる中で、勇気の生態系(biology of courage)を作るのに役立つと強調している。

マクゴニガルは、「かつてのストレスについての理解はもう役に立たない遺産でしかない。私たちの動物的本能がストレスに置き換わり、社会はスマートになったのである。これこそが人間を完全に人間たらしめているものである」と発言している。

ストレス無害説

アメリカで成人30000人を対象とした、8年間にわたるストレスと健康との関連についての追跡調査の結果、重度のストレスを感じていても、ストレスが健康に良くないと信じていない人の死亡率は、非常に低かった。

ケリー・マクゴニガルは、ストレスが多いと死亡するリスクが43%増加するがただしそれは、ストレスが健康に害があると思っている人の場合で、そう思っていない人の死亡率はもっとも低いと主張した。

また、この8年間でアメリカで「ストレス=害」と意識したがために死亡した人の総数を182000人と推定。

「ストレス=害」という意識はアメリカ人の死因の第15位であるとした。これは皮膚がん、エイズ、殺人よりも上位である。これらの結果より、科学的にはストレスの捉え方次第で、ストレスに対する体の反応が変わると主張する。

例えば、ストレスを感じると心臓がどきどきするが、これを体に悪いとネガティブにとらえると実際に血管が収縮し心不全などの原因となる。

ところが、心臓がどきどきするのは、新鮮な血液を心臓にどんどん送り込んでくれているのだと肯定的にとらえると、血管が収縮しないことが分かった。

すなわちストレスは捉え方により、健康に全く害がないと主張している。

ケリー・マクゴニガル

ボストン大学で心理学とマスコミ学の学士をとり、スタンフォード大学でPh.D.を取得した。そしてここで心理学についての講師となり、意志力について教えることになる。

ウィキペディア引用→

BASE治療・ヨガ参考ホームページ→

脳

まとめ

体と脳、体と心、すべてつながっています。いろいろな人の社会で、世界で私たち一人ひとりは暮らしています。そして、それぞれの世界の中で脳は効率よく処理をしていくと言われています。世界の情報すべてを把握しようとすれば脳はパンクしていまします。自分にとって一番の情報だけを脳は集めようとします。

しかし、他人との共存も考える必要がありますので、そこで折り合いをつけるよう脳は働きます。どうも、そのあたりでストレスが発生してくるのではないでしょうか・・・

あまり無理をせず、疲れたら一休みして気分転換をして、笑顔を忘れずに生活したいものです。鏡をみて笑顔の練習をするといいそうです。そうすると脳もだまされて、ポジティブになり幸せ度があがるそうです、一度おためしください。とっても安上がりな方法でお得感があります、やらないと損ですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました