介護

介護士として長年、介護に携わってきました。施設やデイサービス、訪問介護、在宅介護での経験とそれによって学習したことやメッセージ、介護の食事の作り方、医療関係者の話しや生活習慣病のこと、家で親を介護する方法、「認知症」の問題行動など、著書などから引用して紹介もしています。

介護

介護職員にも嫌われる「上から目線の偉そうな入居者」の対処法

介護職員にもはっきり言って嫌われてしまう、上から目線の偉そうな入居者や利用者が数人はいつでもいます。「自分はもと管理職」「自分は宮内庁のお仕事をもらっていた」「親戚に医者がいる」だから自分を他の入居者とは違うのであって、特別扱いしろとはっきり言ってくるのです。その入居者はおもに介護職員をターゲットとして上から目線で物事を言ってきますが、時々、入居者同士でももめています。聞いていると必ず「毒舌(どくじた)」で威圧的で、耳が遠いのか声が大きいのです。このような入居者には、どのように対処していけばいいのでしょうか?
介護

簡単にわかりやすい介護者のための認知症の基礎知識

2025年には認知症の人は700万人、65歳以上の5人に1人が認知症になると推計されています。夫婦、親、親戚、兄弟、友人、あなた自身がなるかもしれません。認知症は脳の病気であり、その結果あり得ない行動が出現します。悩む本人の一歩先を歩けるように介護者のための基礎知識です。
介護

今すぐ始められる「認知症」との付き合い方

2025年には700万人、これは何の数字かご存知ですか?65歳以上の5人に1人が認知症になると推計されています。夫婦、親、親戚、兄弟、友人、あなた自身がなるかもしれません。認知症は脳の病気です。ありえない問題行動が現れ介護者は疲れ果ててしまうのです。介護者も本人もストレスを減らし、今すぐ始められる「認知症」との付き合い方をご紹介します。
介護

認知症ケアの達人になれる介護技術と心得え

2025年には認知症の人は700万人、65歳以上の5人に1人が認知症になると推計されています。夫婦、親、親戚、兄弟、友人、あなた自身がなるかもしれません。認知症は脳の病気です。常識が通じない問題行動が現れ介護者は疲れ果ててしまいます。様々なケースを実践した、今すぐ使える介護技術を紹介しています。
介護

常識は通用しません!認知症ケアのノウハウ

常識は通用しません。認知症は進行性の病気です。残念ながら、決定的な治療法はまだなく、お年寄りは時間の経過とともに出来ないコト、わからないコトが増えていきます。介護者はこの事実を覚えておいて、経過の各段階に応じて対応を変えていく必要があります。介護者も本人もストレスを減らし、今すぐに使える介護技術をご紹介します。
介護

「優しい関係」と「言葉かけ」は認知症介護も同じです

認知症の人は、現実とは異なる世界に住んでいます。新しい記憶からドンドンこぼれ落ちて失われていきます。認知症の人に接するときは、事実関係や物事がきちんと合っているかどうかは、正直どうでもいいのです。認知症の人にも介護者にも「優しい関係」を作り出す手段と方法を教えます。「ぼけざまは生きざま」なのです。
介護

ストレスの少ない介護の理解とコツ

認知症の人が言い分を曲げない原因は「認知症の脳が作り出した世界」にいるからです。私たちの常識や理屈は認知症の人には通用しません。押し付ければお互いストレスになるだけです。同じことをしていても、同じものが見えているとは限らないのです。わかりやすく具体的なケースから、解決のカギを探っている著書を解説しています。
介護

介護サービスを受ける手順とコツ

認知症の人の介護、ケアは家族だけが抱えるのではなく、様々なサポートを利用しましょう。今回は介護保険制度を利用して、介護サービスを受けるまでの手順とポイント、サービスを受けるコツについて解説します。介護サービスを受けるには、申請し、認定される必要があります。その間に訪問調査を受けるのですが、コツがあります。
介護

眠っている脳はリハビリによって目覚める!

脳活性化リハビリテーションは、眠っている脳を目覚めさせます。人は、脳細胞の3分の2は使われていないまま終わると言われています。見る、聞く、嗅ぐ、触れる、味わうの五感を使うリハビリをし、眠っている細胞を目覚めさせ、なくなった細胞をカバーしていきます。認知症の人の自信を取り戻し、生活の質を高めるのが目標です。
介護

「受診」介護は、信頼できる医師と連携して進めましょう

もう1人で悩まないでください。在宅介護はチームケアの時代です。親の介護で、認知症かなと思ったときの、専門医の探し方から、病院での受診、検査を受けさせるときのコツ、新薬の紹介、やがて来る終末期に家族がぶち当たる問題と解決策のヒント、終末期を見極める症状や施設を探す場合のタイミングなどにも触れています。
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました