健康と食事

健康と食事

生活習慣病とは

病気の原因は、昨今では、生活習慣、食生活、食習慣と言われています。ここで現在の3大死因をみていきます。「老衰」が入っています。これは何を意味しているのでしょう。2019年、厚生労働省が「平成30年人口動態統計月報年計(概数)の結果」を公表しました。「老衰」(ろうすい)とはどのような状態で、何を意味するのでしょうか、生活習慣病との関係は。
健康と食事

名医に聞く糖質制限食のQ&A

認知症を予防する食事は糖質制限食でした。著者ドクター江部康二が教えてくれた「認知症にならない最強の食事術」。認知症を「成人病」「糖尿病」と言い換えればどうでしょうか。認知症は生活習慣病でこれらと深い関係があると言います。毎日意識することで将来が大きく変わってきます。でもこんな時はどうしたらいい?
健康と食事

不安の9割を解消する生活習慣常識

認知症は生活習慣病ですから、予防していく手段があります。食事術に加えて、運動、睡眠、マインドセット(心の持ちよう)嗜好品にも、摂っていいもの悪いものがあります。なぜそうなのか、名医がわかりやすく教えた、認知症予防のポイントとコツ、驚くべき新常識にも触れながら今すぐ始められる簡単な予防法を解説していきます。
健康と食事

外食の時に役立つ糖質制限食のうら技

認知症はある日突然かかるのではなく、長い年月をかけてじわじわと進行していく生活習慣病なのです。認知症を防ぐ食事術があり、それを続けて行くコツがあります。自宅以外でも、つまり仕事で外食をする時に役立つポイントやお店選び、安心して注文できるメニュー、あるいは、コンビニでのランチの選び方もご紹介しています。
健康と食事

糖質が少ない食材選びと食べ方3コース

人生100年と言わる現代、最期まで自分で考え自分の手足を使い、自由に生活していきたいと誰しも願っているはずです。脳の機能が壊れていく認知症は、実は生活習慣病だったのです。そして認知症を防ぐ食事術があり、身に着けることは難しいことではありません。それはすぐに始められ、健康的に暮らしていくことにもつながります。
健康と食事

糖質制限食と認知症の最新常識とは?

認知症も糖尿病もなりたくない病気の1位です。糖尿病は合併症といって辛い病気が併発します。認知症も発症してしまうと、介護なしには生活できなくなっていきます。これらはすべて生活習慣病です。予防と改善にはこれまでとは大きく異なる食事術が求められます。ここで述べられている情報こそが、これからの新常識なのです。
健康と食事

糖質制限食は脳にも体にも優しい食事だった

認知症と糖尿病には深い関係があったのです。しかも普段の食習慣から来ているというのです。アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症、うつ病にもそこに原因が。そして、そこさえ押さえた食習慣を作っていけば驚くほどの全身の改善があるということです。名医が考えた認知症にならない最強の食事術、を解説していきます。
健康と食事

認知症にならない最強の食事術とは

実は、認知症はある日突然かかるのではなく、長い年月をかけて進行していく生活習慣病だったのです。アルツハイマー病とは、ごく簡単に言うと脳の中にたまった「アミロイドβ」という老廃物が関わっていると言います。「アミロイドβ」の正体とは?生活習慣病と言える認知症にならない最強の食事術とは、どのようなものなのでしょうか。
健康と食事

トップパフォーマーに見られる共通点とは

トップパフォーマーは「遊び化」が上手です。現代人の問題を解決するには、仕事、育児、勉強といった人生のあらゆる面を「遊び化」していく必要があります。当たり前の日常を、出来る範囲で遊びの場に変えていくのです。そのためのキーワードは、「ルール設定」と「フィードバック化」の2つです。
健康と食事

マインドフルネスの感覚のつかみ方

「人間は死にます。その後は意識も失われ、あなたの存在は無となります。この事実はだれにも避けられないものの、「畏敬」と「観察」という2つの武器を使えば、遠い未来の不安を減らすことはできます。」「畏敬」(いけい)で、永遠の時間と同期しつつ、「観察」で、今の時間を生きればいいのです。そして、マインドフルネスとは?
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました