ニラは骨粗しょう症予防やアンチエイジング作用あり

ニラ

ニラは抗酸化作用のある、老化予防、骨粗しょう症予防にも効果があります。血行を良くして、疲労回復や血液中の脂肪を燃焼させ、コレステロール値を下げる作用があります。心臓疾患、血液サラサラ、発がん予防に効果があります。抗酸化作用のある緑色の葉緑素、いわゆるクロロフィルやβーカロテンが豊富な野菜です。生食もできる野菜です。サラダにも、オイル漬けにしてラーメンやスープに浮かせてもOK。

カリウムも豊富なので、生で食べると(カリウムは熱に弱い)むくみや高血圧の予防、改善に効果があります。日頃、加工食品をよく食べる方は、カリウムを意識して摂ることをおすすめします。

生活習慣病の予防のリスクを減らしましょう。

ニラは繊維が豊富で、食べたときに歯に、はさまりやすいとよく聞きます。スープや鍋料理で煮込んだり、細かくきざんだ料理を考えてみました。

ニラの栄養丸ごと頂くレシピ

餃子

【ニラぎょうざ】

手をあまり汚さず、洗い物も少なくした、ビニール袋を使っての具材作りをしていきます。

材料

  • ニラ、キャベツ(白菜でもOK)、豚ミンチ、(キノコ類を加えてもOK)
  • 片栗粉、料理酒、塩コショウ(ガラスープや中華だしの素でもOK)、
  • しょうゆ(オイスターソースでもOK)ニンニク(無しでもOK)
  • ぎょうざの皮、ごま油

作り方とポイント

  • ① ニラ、キャベツはみじん切り、
    • ニンニクはすりおろし(チューブのでもOK)(無くてもOK)。
    • 片栗粉、塩コショウ(中華だし)、しょうゆ(オイスターソース)
    • 料理酒、ごま油、(調味料は全部、少々)
  • ② ①をビニール袋に入れ、よくもんで混ぜます。
    • 混ざったら、ビニール袋の角を1cm幅に切り落としておく。
  • ③ ぎょうざの皮を、作る枚数だけ広げておく。
    • 水溶き片栗粉・・少々(皮と皮をくっつける「のり」になります)
  • ④ 広げたぎょうざの皮の真ん中に、
    • ②をビニールの角から、ティースプーン1杯くらいの量をしぼりだします。
  • ⑤ 包んでいきます。
    • 包み終わりは、皮と皮が、はがれないように、
    • 水溶き片栗粉を塗って押さえておく。
  • ⑥ 焼きます、(・片面焼き・両面焼き、どれでも好みで )
    • 温まったフライパンにサラダ油やごま油を入れ、
    • ぎょうざを次々と入れ、水をぎょうざの高さの3分の1入れます。
    • ふたをして蒸し焼きにします。
    • 片面焼き・・水分がなくなって、底がきつね色になったら完成です。
    • (ふたを開け、時々ぎょうざの底のチェックしましょう)
    • 両面焼き・・ここから、さらに裏返して、好みの焼き加減にして完成です。
  • ⓻ タレ・・市販のぎょうざのタレ、
    • ポン酢、
    • しょうゆ+酢+からし
    • 焼肉のタレ+酢
    • ごまだれ

ぎょうざに時間がかかるのは、1個1個包むときだけです。具材を細かくして、調味料を入れて、ビニール袋に入れて混ぜ、ぎょうざの皮にしぼりだし、包んで、焼く。

具材の中身が出てこなければ、どんな包み方もありです。こだわらずやれば、簡単で早くできます。

ぎょうざの中身、具材は家庭によって様々です。好みで好きなものを包み焼する、楽しい料理です。食べるときも、タレをアレンジして、自分好みに、家族好みにして、ワイワイとにぎわいます。

具材さえ用意すれば、子どもたちは喜んで、ぎょうざの皮に包んでくれます。中身さえ飛び出ていなければ、自分だけのぎょうざで、大喜びです。

介護めしには、水を多い目に蒸し焼きで、柔らかくすればOK。

チヂミ

【チヂミ】

韓国料理ではチヂミ、西洋料理ではピザ、日本料理ではお好み焼き・・・そんな風なイメージがあります。

どれも美味しく、使う具材も様々にアレンジできます。小麦粉を使った料理は、混ぜたり、具材を乗せたりで、自分だけの、オリジナルを考えると楽しいです。

  • 材料
  • ニラ、にんじん、玉ねぎ、塩、小麦粉、片栗粉、キムチ、ごま油、水。
  • 作り方とポイント
  • ① ニラ・・1cm~2cmにカット、
    • 玉ねぎ・・スライス、
    • にんじん・・千切り(スライサーや千切りグッズで簡単に)
  • ② 小麦粉と片栗粉を4:1くらいで、水で好みの硬さにとく。
  • (片栗粉は無くてもOK、入れると、もっちり感があります。)
  • ③ ①と②を合わせ、塩少々、ごま油少々、
    • 好みでキムチをいれます。
  • ④ 温まったフライパンにごま油(サラダ油でもOK)をひき、
    • ③を入れ、両面がこんがりきつね色になったら、完成です。
  • ⑤ タレ・・ポン酢、
    • しょうゆ+酢
    • スイートチリソース(おもに、生春巻きにつけるタレです。)

タレも好みで、アレンジして自己流を楽しんでください。

介護めしには、細かくきざんで柔らかくすればOK。水、多い目を入れてふたをして、長めに蒸し焼きにしてOKです。

ニラ玉スープ

【ニラ玉スープ】

汁ごと栄養を余すところなく、頂きます。

  • 材料
    • ニラ、玉子、中華だし(ガラスープ)、ごま油、ごま。
  • 作り方とポイント
  • ① ニラ・・1cm~2cmにカット、
    • 水を沸かして、ニラを入れ、柔らかくなったら、スープの素を入れる。
  • ② 沸騰してきたら、溶いた玉子を回しいれ、すぐに火を止めて、
    • ごま油、ごまなどを散らして完成です。
  • (「とろみ」をつける場合は、①水溶き片栗粉を入れて「とろみ」をつけてから、
  • ②溶いた玉子を回しいれ、すぐに火を止め、ごま油、ごまなどを散らす。)
    • 好みで、ワカメをいれても、カルシウム補給にも◎

介護めしには、ニラを細かくきざんで柔らかく煮込み、「とろみ」をつけて、飲み込みをよくしてあげると、嚥下障害で肺炎をおこしたりするリスクがなくなります。

まとめ

ニラは抗酸化作用のある、老化予防、骨粗しょう症予防にも効果があります。血行を良くして、疲労回復や血液中の脂肪を燃焼させ、コレステロール値を下げる作用があります。心臓疾患、血液サラサラ、発がん予防に効果があります。抗酸化作用のある緑色の葉緑素、いわゆるクロロフィルやβーカロテンが豊富な野菜です。生食もできる野菜です。サラダにも、オイル漬けにしてラーメンやスープに浮かせてもOK。

汁もの調理は、汁も一緒に摂ってニラの栄養がまるごといただけます。ニラは繊維質で、シャキシャキ美味しくいただけますが、歯のスキマに入り込んできたりします。そんな場合は短くカットして使うといいです。繊維を断ち切るようにカットすると、消化もよく栄養が摂り込みやすいです。価格も安定しており、どんな料理にも使え、とくに疲労回復におすすめです。食事の献立のお役に立てば幸いです。

今日の「気になる」おすすめ宅配は「野菜」です

「お試しセット」で便利にお得にゲットしてください。こちら↓

らでぃっしゅぼーやのおためしセット

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました