ニンジンは世界トップレベルのがん予防野菜とその料理

にんじん

ニンジンには、強力な発がん抑制作用があります。肺がん、肝臓がん、皮膚がん細胞の、成長を抑制する作用があります。そして、アンチエイジングな老化予防、動脈硬化にも有効です。食物繊維が豊富で、コレステロールの吸収を抑える効果もあります。便秘の解消、糖尿病の予防、ダイエット、メタボ、動脈硬化の予防と改善に効果があります。

免疫力アップに欠かせないニンジン

気温がぐんぐん上がり始めると、行動も活発化してきます。生きているのは私たち人間だけではありません。目には見えない、細菌、ウイルスなども活発化してきます。(温度がキーワードになってきます。)

紫外線は強くなりますが、着ている服は薄くなります。行動量が増える一方、睡眠時間は短くなったり、身体がよく動く分、疲労物質もたまってきます。

ストレスを感じたり、肌荒れ、日焼け、暴飲暴食など今までと違うトラブルが発生したりします。日頃から身体の免疫力を上げて、病気に負けない健康な身体を維持しておくことが重要になってきます。

今回は「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」「ファイトケミカル」がたっぷりな、そして、世界トップレベルの、免疫力アップ、抗酸化作用が高い、「ニンジン」を使った料理をご紹介いたします。

世界トップレベルの野菜と言われているのは、どこからきているのでしょう。

「ファイトケミカル」とは→

にんじんの栄養丸ごと頂くレシピ

ニンジンしりしり

【ニンジンしりしり】

簡単で手早く、経済的で栄養価が豊富、にんじんと玉子の炒め物です。

にんじんは緑黄色野菜です。カロテンが豊富で、食べ過ぎても大丈夫です。(野菜のカロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変わります。)

  • 皮膚や粘膜を強化
  • 風邪、インフルエンザ予防
  • 発がん予防
  • 便秘の解消
  • 糖尿病の予防と改善
  • 動脈硬化を予防
  • 肺や肝臓、皮膚がんの抑制

材料

  • ニンジン、玉子、サラダ油(ごま油もOK)
  • みりん、しょうゆ(塩コショだけでも、あっさりと)

作り方とポイント

  • ① ニンジンは千切り。(野菜をついて千切りにする調理用具を使うと早い)
    • 皮ごと調理します。(皮に近いところに栄養がたっぷり)
    • 繊維を断ち切るように、カット。
    • 水にさらさないで、そのまま調理。
    • 油と相性がよく、一緒に摂ると、消化吸収が良い。
  • ② フライパンに、サラダ油かごま油を入れ、にんじんを炒め、
    • しんなりしてきたら、玉子を割り入れ、混ぜます。
    • 半熟でもしっかり焼きでも好みの硬さにして、
  • ③ みりん、しょうゆで甘辛い味付けになります。
    • 塩コショはあっさりと、
    • ポン酢を使うとさっぱり酸味が効いた大人味に。
  • ④ 器に盛って、すりごま、いりごまを散らしてもOK、完成です。
野菜ジュース

【ニンジンと果物のスムージー】

  • 便秘の解消
  • メタボやダイエット効果
  • アンチエイジング作用(老化予防)
  • 皮膚や粘膜を強化し、細菌やウイルスの侵入を抑える
  • インフルエンザ、風邪の予防
  • がん予防
  • 肝臓、肺の病気の予防
  • 糖尿病、動脈硬化の予防と改善

生で飲むフレッシュジュース、スムージーは作り立てが1番!生は「酵素」「補酵素」がたっぷり生きて働きます。「酵素」を身体に貯金することで、さらに免疫力アップします。

  • やはり、毎日、朝に飲むのがベスト。
  • 野菜、果物を食べるタイミングは、
    • ①朝、②昼、③夜・・・言い換えると、
    • ①金、②銀、③銅・・・と言われているくらい朝がおすすめです。

材料

  • ニンジン、リンゴ、バナナ、小松菜(青汁でもOK)、
  • ヨーグルト、オリーブオイル
  • (好みで、かんきつ類や青菜を、日替わりで作ると楽しく美味しい。)
  • (新鮮なオイルを小さじ1杯程度、加えて消化吸収を上げます。)

作り方とポイント

  • ① ヨーグルト、
  • ② 小松菜(青汁)、
  • ③ オリーブオイル、
  • ④ ニンジン、
  • ⑤ リンゴ、
  • ⑥ バナナ、
  • の硬いもの順にミキサーに入れます。(分量は好みで)
  • ヨーグルトを多めに入れ、ミキサーがスムーズに回るようにしてあげましょう。
  • 材料は全部、最初によく洗って、皮ごと頂きます。
  • 繊維を断ち切るように、カット。
  • ヨーグルトが苦手な方は牛乳、豆乳でもOK。
  • フルーツ缶詰めの実や汁、水を入れて、甘さ調節。

野菜や果物は基本、自分の歯でよく噛み、唾液をまぜてやることで、栄養分を効率よく消化吸収します。糖分の過剰摂取を抑えることができます。

身体にいいからとジュースばかりを摂ると、糖分が多いので注意しましょう。

にんじんスープ

【ニンジンスープ】

ニンジンは意外と甘いですし、調味料も塩コショウ、コンソメで充分です。水溶性の食物繊維が豊富で、ポタージュのようにトロリとなります。便秘の解消や糖尿病、動脈硬化の予防と改善をしてくれます。

活性酸素の毒素を解毒し、肝臓がん、肺がん、皮膚がんの予防と改善に効果があります。お薬の飲みすぎや、お酒をよく飲まれる方にもおすすめです。

βカロテンの宝庫で、強い抗酸化作用があり、身体が酸化してサビてくるのを抑制します。つまり、老化予防、アンチエイジング作用があるのです。

材料

  • ニンジン、たまねぎ、牛乳(豆乳)、コンソメ

作り方とポイント

  • ① 野菜は繊維を断ち切るように、1cmくらいのスライス。
  • (にんじんは皮つきのまま、調理します。)
  • ② 鍋に水を入れ、野菜を入れ、好みの柔らかさに煮る。
    • (この時に、風邪ひきなどで食欲がないときや、
    • 介護めしの場合は、ご飯も入れて煮ると1品で満足します。)
  • ③ コンソメで味を調え、牛乳(豆乳)を入れます。
    • 出来上がりのあら熱をとります。
    • さめたら、ミキサーやバーミックス(ハンドミキサー)でつぶします。
    • 器に盛って完成です。

かんきつ類やイチゴなどビタミンCも一緒に摂ると、消化吸収率が良くなります。

日替わりで、組み合わせる野菜や果物を、バランスよく食べていくのが重要です。

忙しい時に使える便利なサービス

お弁当

とは言え、忙しくて夕食しか家で作れない方、こちらがおすすめです。

総出荷600万食突破!栄養価を徹底管理した健康宅配食【メディカルフードサービス】

お試しセットはこちらから

安心無農薬野菜のとれとれ直送、宅配便はこちら↓

無農薬野菜のミレー

千葉県から無農薬の野菜を産地直送

評判の良いものだけを選びました、お役に立てば幸いです、最後までお読み頂きありがとうございます。



コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました