高血圧の予防と改善に「きゅうり」の栄養素とレシピ

きゅうり

何の栄養もないと思っていませんか?なんと「きゅうり」には、カリウム、ビタミンC、βーカロテンが豊富です。体内の余分な塩分を排出してくれたり、抗酸化作用、高血圧の予防、むくみの改善にたいへん効果があります。キューカンバーカクテルやキューカンバー化粧水として、幅広く、世界中に古くから愛されている野菜です。きゅうりのもつ栄養素と超簡単なレシピもご紹介いたします。

高血圧の予防と改善に効果ある「きゅうり」の栄養素と効能

① 高血圧、むくみの予防と改善

きゅうりの90%は水分です。その水分には、カリウムがたっぷり含まれています。カリウムには、体内の余分な塩分を排出してくれる「利尿作用」があり、高血圧、むくみの改善に効果があります。

カリウムは熱に弱く、生で食べてこそ効果を発揮します。きゅうりは生で食べることが多い野菜の1つで、カリウムを効率よく摂ることができます。

きゅうりの酢の物、野菜サラダ、バンバンジー、冷麺などにもたくさん使われています。

② ひんやりとクールダウン

きゅうりパック
きゅうりパック

きゅうりは、ほてった身体を自然に冷やして、
夏バテ予防に効果があります。

ほてった肌、顔や手に輪切りにしたきゅうりを張り付けて、そのまま乗せて放置「パック」をすると、お肌に水分と栄養素が浸透して、ひんやりとスベスベになります。ぜひ、お試しください。

寒い冬には、加熱調理がおすすめです。炒め物、スープにも使え、意外と美味しく、皮部分のβーカロテンが免疫力を維持する働きがあります。

③ お酒のおつまみになり、二日酔い防止に有効です

キューカンバーカクテル
#キューカンバーカクテル#キューカンバー化粧品

きゅうりはお酒をよく召し上がる方に、おすすめの食べて欲しい野菜です。

きゅうりの90%以上は水分とカリウムなので、アルコールの分解に必要な水分を補い、余分な塩分の排出もしてくれ、二日酔い防止に効果があります。

「キューカンバー」はきゅうりのことで、キューカンバーカクテルやキューカンバー化粧水として、古くから、世界中で愛されています。

さっぱり、すっきりとした味わいと、シャキッとした食感もまた、生食料理の材料としてよく使われています。

きゅうりを使った超簡単なレシピ

きゅうりサーモンのどんぶり

美肌効果!きゅうりとサーモンのどんぶり

きゅうりのさわやかな味わいとシャキッとした食感は、アボカドや刺身とよく合います。しかも、きゅうり、アボカド、サーモンは美肌効果があり、高血圧、むくみの改善もしてくれる、うれしい1品です。

材料

  • きゅうり、アボカド、サーモン、ご飯、あさつき、
  • ごま、しょうゆ、みりん、(漬け丼の素でもOK)ごま油(オリーブオイル)

作り方とポイント

  • ① ご飯(残りご飯)(冷ご飯)・・・レンチン温め
    • 野菜と刺身・・・一口サイズにカット
  • ② ごま、ごま油、しょうゆ、みりんを合わせておく
    • ご飯の上に①を盛り、味つけのり、ごまをかけて完成です。

介護めしには、きゅうりはみじん切りか、薄くスライスして塩もみして、しんなりさせておくと食べやすいです。

きゅうりサラダ

きゅうりサラダ

生野菜のフレッシュサラダは、基本なにを入れても美味しく、ドレッシングの味も大切になってきます。あとは、野菜の食感と歯ごたえも、ごちそうの1つ。お気に入りの野菜とドレッシングで、美味しくいただきます。きゅうりを入れるのをお忘れなく。

材料

  • きゅうり、レタス、ほうれん草、紫たまねぎ、トマト、チーズなど

作り方とポイント

適当に一口サイズにカットして盛り付ければ完成です。

ポイント!きゅうりにはビタミンCを破壊する酵素が入っているため、レモン汁や酢を振りかけたり、最初に軽く2~3秒くらいボイルすると良いです。

もろきゅう

もろきゅう

きゅうりを一口サイズにカットして、「もろみ味噌」をのせれば完成です。介護めしには、きゅうりを薄くスライスして、塩もみして、柔らかくしんなりさせると、食べやすいです。

「もろみ味噌」はスーパーで市販されている、できあがりのものを使います。

もろみ味噌とは、大豆、米、麦などから作られます。 「もろみ」とは、醤油やお酒を造るために醸造した液体の中にある、原料が発酵して柔らかくなった固形物のことを指します。 そのためつぶつぶとした食感が残っており、これがもろみ味噌の最大の特徴と言えます。

Google

味噌汁に使う「味噌」と同様、発酵食品なので消化がよく、体にもよいです。塩分がきついので、少量からお使いください。なお味噌汁には向きません。どんな生野菜にのせて食べても美味しく思います、いろいろお試しください。

また「もろみ味噌」とマヨネーズを合わせるとまた美味しく思いますので、これもまたお試しください。

きゅうりの酢の物

きゅうりの酢の物

きゅうりの酢の物には、タコ、じゃこ、ハム、ちくわ、など何をつかっても美味しく頂ける定番人気です。ごまやごま油を入れても、生姜の千切りを入れてもすっきりとした味わいです。

  • 合わせ酢の作り方
    • お酢と砂糖の割合は1:1
    • 塩をひとつまみ(自分の好みで加減してください)
    • だし汁大さじ1を足すとまろやかになります

スーパーで最初から完成された「合わせ酢」が市販されています。「かけるだけの便利酢」など。それを準備しておくと手早くできます。きゅうりの塩もみをしてもしなくても好みでどうぞ。酢の物は作り置きもできて便利なおかずです。

豚しゃぶときゅうり

きゅうりと豚しゃぶサラダ

ボイルした豚肉にきゅうりをのせれば完成です。ポン酢やゴマダレ、ドレッシングの好みの味でいただきます。

  • 豚肉ゆで方
    • 豚肉そのままでも大丈夫ですが、ここではひと手間加えて食感がツルンとした豚しゃぶを紹介いたします。それは「片栗粉」をまぶしておくだけです。
    • お湯を沸騰させ、塩をひとつまみ入れます。
    • 「片栗粉」を薄くまぶした豚肉を、お湯の温度がなるべく下がらないように、5枚くらいずつ湯がいていきます
    • 冷水にひたして粗熱をとり、夏は冷蔵庫で冷やしてできあがりです

手早くしたいときは、豚肉をそのままゆでます。

バンバンジー

バンバンジー

超簡単に市販のボイルチキンのパック入りを使います。胡麻ドレッシングやゴマダレをかけて完成です。

  • ひと手間くわえて「鶏ハム」を簡単に作る方法
    • ①鶏むね肉を一口大に切ります(鶏むね肉の繊維に垂直に切ります)
    • ②ビニール袋に①を入れ、塩:砂糖1:1少々を入れて軽くもんで平らにしておく
    • ③お湯を沸かし、②を入れ2~3分ゆでたら火を止め、そのまま10~15分ほど放置
    • 放置する時間は、①の量やお湯の量によっても変わってきます、何度も作っているうちにコツがわかってきます
    • ④お湯から引き上げて、器に盛って、市販の「バンバンジーソース」か「ゴマダレ」などをかけて完成です

鶏むね肉には繊維の筋が入っています。よく見ればわかります。その繊維の筋を断ち切るように、垂直に切ると、やわらかくジューシーな鶏むね肉料理の仕上がりになります。

介護めしには、きゅうりは薄くスライスして、塩もみしてしんなりすると食べやすいです。みじん切りやミキサーにかけて、いつものドレッシングと混ぜて、柔らかくしてから出しましょう。柔らかく、のど越し良くを優先的に考えると良いです。

まとめ

「きゅうり」には、カリウム、ビタミンC、βーカロテンが豊富です。体内の余分な塩分を排出してくれたり、抗酸化作用、高血圧の予防、むくみの改善にたいへん効果があります。キューカンバーカクテルやキューカンバー化粧水として、幅広く、世界中に古くから愛されている野菜です。

あっさりとして清涼感のあるきゅうりは、1年中常備しておいてもよい野菜です。緑色もホットするような感じを受け、食卓にも彩りを添えてくれます。高血圧とむくみの改善に今日から、きゅうり料理を始めてはいかがでしょうか。健康に、生活習慣病の予防と改善にお役に立てば幸いです。最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました