火事を起こしかけたのに、「私はやってない」という義母

遠くを見ている女性

ひどい物忘れ、暴力、拾い集めなど、認知症の人の困った言動とその対処方法をケース別に具体的な事例を示しながら、ポイントをわかりやすく解説しています。よく見られる問題行動とその原因を理解すれば、適切な対応ができ、家族介護の負担も減らせ、楽に乗り切ることができます。認知症の人のケアのコツを学びます。

こころのクスリBOOKS よくわかる認知症ケア

川崎幸クリニック院長 杉山孝博 監修

1973年、東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院で内科研修後、地域医療に取り組むために川崎幸病院(神奈川県川崎市)に勤務。1981年、「呆け老人をかかえる家族の会(現・認知症の人と家族の会)・神奈川県支部」の発足当初から会の活動に参加。現在、(社)認知症の人と家族の会副代表理事、神奈川県支部代表。往診・訪問看護を中心にした在宅ケアに取り組み、「認知症をよく理解するための9大法則・1原則」「上手な介護の12か条」を考案、普及。NPO法人全国認知症グループホーム協会顧問や、厚生労働省関係委員としても活躍中。主な著書・監修書に「杉山孝博Dr.の認知症の理解と援助」(クリエイツかもがわ)「ぼけー受け止め方・支え方」(家の光協会)「痴呆症老人の地域ケア」(医学書院)「認知症・アルツハイマー病、介護・ケアに役立つ実例集」(主婦の友社)などがある。

(解説、引用しています。)

  1. 認知症の人の自宅(在宅)介護で困った行動への対処法その3
    1. ケース⑨ 火事を起こしかけたのに、「私はやってない」という義母
      1. 消し忘れを責めより、安全な器具に替える
      2. なぜ、火を消し忘れるのか
        1. ・記憶障害で、火をつけたことさえ覚えていない
        2. もう1つの消し忘れ問題「タバコの不始末」
        3. 「タバコの不始末」の対処方法
      3. 「火の不始末、消し忘れ」の対処方法
        1. ・火が出る器具は使えないようにする
        2. ・安全な器具に替える
        3. ・役割を持ってもらう
    2. ケース⑩ すぐカッとなり、妻や娘に暴力をふるう夫
      1. 耐えてきた介護ストレスでついに心臓発作を起こす
      2. なぜ、暴力をふるうのか
        1. ・過去の生活歴
        2. ・背景にある心理
        3. ・引き金になりやすい状況
      3. 暴力や攻撃的な態度への対処方法
        1. ・まず落ち着く
        2. ・おびえない・緊張しない
        3. ・ほめあげる
        4. ・その場を離れる
        5. ・訪問介護や医療につなげる
    3. ケース⑪「拾い集め」をやめず、商品まで持ってきてしまう母
      1. 店の人は事情を察したが、家族にしてみればショック
      2. なぜ、物を集めるのか?
        1. ・強迫行動の1つ
        2. ・「もったいない」意識から
      3. 「拾い集め」の対処方法
        1. ・目の前で処分しない
        2. ・わからないように・少しずつ
        3. ・整理し隠しておく
        4. ・食品集めは要チェック
        5. ・事情を説明しておく
  2. 介護疲れに簡単体操
  3. まとめ
    1. 認知症ケア、介護は、チームケアです。

認知症の人の自宅(在宅)介護で困った行動への対処法その3

認知症の人の困った行動の具体的な事例(ケース)から解説しています。(ここで取り上げられているケースはいくつかのモデルを組み合わせたもので、名前もすべて仮名です。)

ケース⑨ 火事を起こしかけたのに、「私はやってない」という義母

コンロ

認知症の人には記憶障害があるため、火をつけたこと自体を覚えていません。強く叱ったりすると、認知症を悪化させることにも。安全な器具に替えるなどして、万が一に備えましょう。(一般常識や説明、説得などは通じません)

消し忘れを責めより、安全な器具に替える

愛さん(72歳)は、夫と共に商家を仕切ってきたしっかり者でした。夫が亡くなってからは、息子夫婦に店を任せ、食事の支度などの家事を引き受けて一家を支えています。

そんな愛さんに、アルツハイマー型が見つかりました。医師からは、塩酸ドネペジルという薬を勧められました。薬を使うにあたって、息子の聰さんとお嫁さんの泰江さん(38歳)は、病名は伏せようと決めました。薬は泰江さんが管理をすれば、病名を知らなくても飲んでもらえると判断したのです。

台所仕事も、泰江さんがするようにしました。火の扱いを、義母に任せるわけにはいかなかったからです。しかし、愛さんにしてみれば、自分に何が起っているのかわからないまま、役割を奪われたさみしさもあったのでしょう。

ある日、愛さんは、泰江さんが外出している間に、料理をしようとして大失敗をしました。鍋をレンジにかけたまま、火を消し忘れたのです。火は鍋を焦がし、周辺にまで広がりそうになりました。

帰って事故を知った泰江さんに、愛さんはケロリとして言いました。「どうしたのかしら、私がやったわけではないのよ」・・・泰江さんはさっそく、台所のカスレンジをIH調理器に替えることにしました。

なぜ、火を消し忘れるのか

・記憶障害で、火をつけたことさえ覚えていない

「火の消し忘れ」は、認知症の人でなくても起こしうることですが、認知症の人には記憶障害があるため、さらに危険性が高くなります。中でも、認知症の人が料理中に鍋をレンジにかけたまま、火を消し忘れてしまうケースは、大変多く見られます。

これを認知症の人の側に立ってみてみましょう。認知症の人は、記憶障害のため、鍋をレンジにかけたことも、火をつけたことさえも覚えていないのです。付けた記憶がないのですから、消そうということにも思いがおよばないと理解したほうがいいでしょう。

ですから「もうひを使ってはダメ」などと強く叱ったり、失敗を責めても効果はありません。あれもダメ、これもダメと強く禁止すると、かえって認知症を悪化させることにもなります。

もう1つの消し忘れ問題「タバコの不始末」

火の消し忘れで、もう1つ大きな問題になるのが「タバコの不始末」愛煙家は認知症になっても、初期のうちは禁煙に抵抗しますので、説得するのは困難です。「タバコはやめて」とうるさく言われた人が、隠れて吸って、火事を起こした例もあります。

ただし、認知症が重くなると、タバコを吸うこと自体を忘れてしまうことが多く、問題は自然に解決します。

「タバコの不始末」の対処方法
  • 認知症の人がタバコを吸うときは、家族が最後まで見届ける。
  • 人の目があるところで吸ってもらう。
  • タバコの管理は家族がして、「寝タバコ」を防ぐ。
  • 灰皿は大きなものにして、必ず水を張るようにする。

「火の不始末、消し忘れ」の対処方法

火の不始末は、ときに大惨事につながります。日頃から対策をし、事故が起こらないよう、備えてください。

・火が出る器具は使えないようにする

消し忘れの対策として、まず、認知症の人には火が出る器具は使えないようにしておく必要があります。たとえば、ガスレンジ、ガスストーブは、面倒でも使い終わったら、そのつど、元栓を閉めるよう習慣づけます。

・安全な器具に替える

IH調理器(電磁調理器)のような、炎が出ず、レンジ自体が発熱しない調理器にすると、火事の心配がありません。ガスのように、元栓を閉める手間もありません。

・役割を持ってもらう

これまで食事の支度を任されていた人に、いきなり「台所に立たないで」というのもコクな話です。(残酷です。生活の張りがなくなってしまいます)役割を失うことにもなるからです。

料理には、食材を切る、鍋を火にかける、調味料を使って味をつけるなど、様々な作業を手順に従って行う、実行機能が必要です。

そのため、実行機能や記憶に障害がある認知症の人が、すべてのプログラムを行うのは無理ですが、出来る作業もあります。

認知症の人は、体で覚える記憶(手続きの記憶や技術の記憶)は、かなり長い間残ります。料理関連でいえば、米をとぐ、野菜を刻む、食器を洗う、といった作業はできるのです。

そこで、介護者が一緒に台所に立ち、火の管理は自分でしながら(介護者がしながら)「これはお義母さん(おかあさん)のほうが上手にできるから」とやってもらうと、リハビリ効果も期待できます。

ケース⑩ すぐカッとなり、妻や娘に暴力をふるう夫

アルツハイマー型認知症

認知症の人が暴力をふるうとき、ほとんどのケースに、「引き金になるもの」があります。

背景にある心理的なもの、たとえば不安感や焦燥感、(焦燥感=しょうそうかん=物事が思うようにいかずに焦ったり、イライラしたりしている様子を表します)これらが、引き金となり暴力という形になることもあります。

耐えてきた介護ストレスでついに心臓発作を起こす

警察官を退官した後は、趣味の剣道を楽しんだり、畑仕事をしたりして悠々自適の日々を送っていた吾郎さん(77歳)でしたが、脳卒中の発作をおこしてから、生活が一変しました。

直後から認知症の症状が現れ、歩行障害が残り、剣道や旅行もままならなくなりました。言葉が上手く出せなくなったことも、吾郎さんのイラ立ちを強め、それは、妻の史子さん(74歳)に集中して向けられました。すぐにカっとして、史子さんを殴るのです。

それでも吾郎さんはデイサービスやショートステイを利用していますので、その間は史子さんも休むことができました。

ところが、吾郎さんはショートステイでも、職員に暴力をふるったのです。施設からは「今後の利用は難しい。専門病院で治療を」と言われてしまいました。

困った史子さんは、娘の香織さん(49歳)に相談しました。「私から話してみましょう」と香織さんが父に声をかけようとしたとき。吾郎さんは、包丁で香織さんに切りつけました。

幸い香織さんの傷は軽かったのですが、母の史子さんはショックのあまり、心臓発作を起こしてしまいました。耐えに耐えてきた介護ストレスで、史子さんは倒れる寸前だったようです。

なぜ、暴力をふるうのか

・過去の生活歴

認知症の人が暴力をふるうかどうかは、その人の過去の生活歴も関係するようです。

  • 暴力をふるう傾向が強いタイプは、
    • 亭主関白でならしていた、
    • 子どもなど周囲の人によく手を上げていた、
    • プライドが高かった、
    • 自分の思い通りにしてきた、
    • 暴力を受けて育ってきた、
    • 短気で怒りっぽかった、などです。
・背景にある心理

暴力に至るまでの心理も考えてみる必要があるでしょう。

  • 相手の行為が何のためかわからず、暴力という形で反応する
  • 今の状態が自分の気持ちにそぐわないと感じる
  • 相手に対して身の危険を感じる
  • 失敗してしまう自分に、不甲斐なさや憤りを感じる
  • 自分の居場所がないという不安や、日常生活が上手くいかないために焦燥感や被害感を抱いている(焦燥感=しょうそうかん=物事が思うようにいかずに焦ったり、イライラしたりしている様子を表します)
・引き金になりやすい状況

前述のような心理状態にあると、ちょっとした刺激や、周りの人のさりげない一言が気に障り、感情的になります。暴力への「引き金」になってしまうのです。

よく見られるのは、認知症の人の言動に間違っているところがあって、周りの人が説得したり、強制的な態度をとったり、叱ったりする場合です。「早くしてください」「そうではないでしょう」といった、普通の人にとっては深い意味を持たない言葉も、認知症の人は「注意された」と感じ、怒りが爆発してしまうのです。

認知症の人の自尊心を傷つけることは、最も避けなければならないことです。

暴力や攻撃的な態度への対処方法

攻撃的な態度を取る人への対応は、非常に難しいのですが、
次のようなことを心がけてください。

・まず落ち着く

暴力が始まったら、介護者はまず「落ち着く」ことです。極度の興奮状態はそんなに長くは続きません。

・おびえない・緊張しない

介護者がおびえたり、緊張をすると、認知症の人はいろいろなことが理解しずらくなるにも関わらず、こういった緊迫感だけは敏感に感じ取り、イラ立ちます。

・ほめあげる

原則的には、認知症の人が怒っている場合は、出来る限り「ほめあげ」ます。そうすることで、認知症の人にはよい感情が残ります。(認知症の人は感情に支配された世界で生きています)

・その場を離れる

身の危険を感じたら、その場を離れ、興奮をそらします。第三者や、他の家族に対応してもらうと、興奮が鎮まる場合もあります。

・力で対応しない

最も避けたいのは、力の強い男性などが、無理やり力ずくで暴力を抑え込もうとすることです。同じレベルでやり合うと、本人はますます興奮し、暴力はエスカレートすることが多いのです。

・訪問介護や医療につなげる

対応に配慮しても暴力が強く表れる場合は、介護者の心身の健康を守るため、訪問介護サービスを利用したり、精神科など専門医の診察を受け、適切な薬を処方してもらうことも必要です。

(専門医の往診もやっています、「健康診断」などと言って、医師に協力してもらい薬を処方してもらいましょう)

ケース⑪「拾い集め」をやめず、商品まで持ってきてしまう母

生まれてから老人になるまで

物をため込む行動は、家族にしてみれば不可解です。不安な心を落ち着かせるためにやっている場合もあります。叱責したりせず、近所や店の人には事情を説明しておきましょう。

店の人は事情を察したが、家族にしてみればショック

母の米子さん(82歳)は、物忘れがひどくなり、認知症が進んでいます。それでも体は元気で、脚もまだ達者です。毎朝、近くの公園まで散歩に行き、そのあと、週2日はデイサービスに行くのを日課にしています。

母は公園にいくたび、落ち葉や木の実などをひろってきました。娘の麻里さん(56歳)はあまり気に留めませんでした。母の拾い集めは段々エスカレートし、ゴミ置き場にある、まだ使えそうなものを持ってくるようになりました。

母の部屋は、物があふれ収集が付かなくなりました。見ると、コンビニ弁当の容器までありました。洗ってあっても誰が食べたのかわかりません。麻里さんは嫌な思いをして、ゴミの収集日にまとめて捨てていました。

それからは、母が拾ってくる、娘が捨てる、ということが、何度も繰り返されました。しかし、これだけではありませんでした。近くのストアの店主から、打ち明けられたのです。「お宅のお母さんが、カップ麺を黙って持っていかれて・・・」

悪気はないと思いますし、いわゆる万引きとは違うので、と母の事情に薄々気づいている店主は、気まずい様子です。麻里さんはショックを受け、慌てて代金を払ったのでした。

なぜ、物を集めるのか?

認知症の人が、はたの目には意味もない、使えないようなものを集め、部屋にため込む「収集行動」をすることがあります。

収集といっても、最初から目的があって集めるのではなく、行動的で散歩を日課としているような人が、道すがら何かを拾ってくるようになる、という経過が多いようです。

・強迫行動の1つ

なぜ集めたがるのかがわからず、家族は頭を抱えますが、これは認知症の人の強迫行動(不安や不快な気持ちからくる行為)の1つとして考えられています。

自分の心のよりどころが家庭にないため、かわりに物を集め、不安感などを落ち着かせている、とも考えられるのです。

・「もったいない」意識から

お年寄りは、物が乏しい時代を経験していることが多いので「もったいない」という思いがあるのかもしれません。あとで使おう、あとで食べようと、食品や物を集め、すっかり忘れていることも考えられます。

「拾い集め」の対処方法

認知症の人の収集行動を止めさせるのは、中々簡単ではありません。集める行動の背景にある、認知症の人の心も理解しながら対処します。

・目の前で処分しない

家族にとってはガラクタでも、本人にとっては大切なもの。目の前で処分するのは禁物です。無理に取り上げると、興奮して攻撃的になることもあります。

・わからないように・少しずつ

片づける場合は、本人が部屋にいない間に、「減ったことがわからないように」「少しずつ」整理していきます。本人は、しまい込んでいる物のことは忘れていることが多いので、目立たないようにそっと始末すれば問題にはなりません。

・整理し隠しておく

集められて困る大事なものなどは、整理して隠しておきましょう。置いておいてかまわないティッシュペーパーや新聞、雑誌などはそのままにしておいてもよいでしょう。

・食品集めは要チェック

冷蔵庫や冷凍庫から食品を持ち出し、自分の部屋にため込まれると、だんだん腐ったり、臭ったりします。それを認知症の人が口にすることもあり得ますので、食べ物をしまい込んでいないか、部屋をチェックすることは必要です。

・事情を説明しておく

本人がよく行く店には、あらかじめ事情を説明し、協力をお願いします。店の人が、大勢の前で本人を叱責しないようお願いし、自宅に連絡してもらいます。商品の代金は、あとで必ず支払うようにするのは、言うまでもありません。

近所の人にもよく事情を話し、理解と協力をお願いします。本人が持ってきてしまったものは、必ず返すようにします。

介護疲れに簡単体操

体幹(たいかん=体の幹となる中心部)を鍛え、血行が良くなるように全体を伸ばしストレッチします。

脇腹伸ばし体操
  • ① 立位のまま、大きく両手を上げ、伸びをします。
  • ② 次に、脇腹伸ばしをします。(5回~10回体調に合わせて)
また割体操

これは、野球界のイチロウ選手がよくやっていた運動です。おすすめです。

  • ① これも体幹を鍛える「股割体操」です。立位のまま、股を左右に広げながら、お尻を落としていき、
  • ② ひざに両手をついたら、体をゆっくりねじります。腹筋や背筋をほぐしたり、骨盤底筋肉も鍛えられます。
背中伸ばし体操

バランスボールがなくても、クッションや布団を折り重ねた上、座布団を折り曲げて、などを背中にあててやるストレッチです。とっても気持ちいいので、おすすめです。

両手も伸ばして、胸や腹のストレッチになり、血行が良くなります。両足も一緒に伸ばしてください。さらに気持ち良くなります。

腹筋強化体操

寝ながら(横になって)頭を両手で抱え、お腹を見ます。腹筋の強化運動、体操です。お腹を見たら、10まで数え、元の姿勢に戻ります。3~5回くらい繰り返します。

毎日の生活のすきま時間に、一息ついて体を横にしたときに、取り入れると気分転換になります。「体幹を鍛えよう」「ストレッチで血行促進」でした。

それから「ラジオ体操」もお勧めです。短時間にでき、バランスよく、運動、体操できます。

まとめ

認知症ケア、介護は、チームケアです。

チームケア

認知症は脳の病気です。

認知症には、早期に診断、治療をすれば、確実に治せるものがあります。(進行を遅らせることも可能になってきています)認知症の介護は、原因となっている病気や、病期(初期、中期、後期)を専門医が診断し、それに合わせた適切な治療やケアをすることが大切です。

家族介護や自宅介護は、手探りで介護をしても、本人の苦痛や不快は緩和されず、介護者も見当はずれな努力やムダな苦労、(遠回り介護)をすることになります。

そしてなにより、長期的な対策を立てることができ、家族や親せきとの話し合いの機会も持って、それによって、介護の絆、連携ができ、孤立、孤独から救われます。

具体的には、住環境を整えたり、財産管理、遺言作り、介護経済など介護にかかるお金や治療の問題なども家族で話し合ってできます。あるいは見当を立てることができ、将来の不安がやわらぎます。

認知症は脳の機能が健常者とは違い、働かず、破壊されていきます。本人が一番不安と失望と戦っています、そしてやがて、それも忘れ、数年後には寝たきり状態になっていく病気です。

(「認知症の進み方を知ることでも介護が楽になります」参照→)

食事をしたこと自体を忘れ、家族の顔もわからなくなり、親身になって毎日世話をしてくれる家族にこそ、辛くあたったり、自分が忘れてしまったことが原因なのに、作り話で介護者を悪者扱いにしたりします。

認知症の人の介護は、脳の病気、と理解し、介護者は1歩先、1歩上を歩きましょう。認知症の人の困った言動には、同じ土俵の上に乗らず、冷静になって、むきにならず、1呼吸して、1歩引いて、認知症の人の不安や失望をわかってあげましょう。

話を合わせ、「演技」を楽しむことができるようになれば、介護はどんどん楽になっていきます。

(「介護家族がたどる4つの心理ステップ」参照→

在宅介護、自宅介護、家族介護、呼び方は違っても、毎日身近でお世話をするのは、家族です。少しでも介護の負担が軽くなりますように、参考になれば幸いです。次回は医療や福祉サービスを活用することを学習していきます。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました