やっかいな失禁の介護の対処法

Don't panic02

排泄は最もプライベートな行為です。認知症の人といえども、その始末を自分以外の人にゆだねるのは、大変つらいことです。わかっていても出来ないのです。やがて、それさえもわからなくなっていきます。介護者は、どうすれば認知症の人の排泄介護の負担を減らし、そのつど演技を楽しむようになれるのか、解説と説明をしています。

こころのクスリBOOKS よくわかる認知症ケア

川崎幸クリニック院長 杉山孝博 監修

1973年、東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院で内科研修後、地域医療に取り組むために川崎幸病院(神奈川県川崎市)に勤務。1981年、「呆け老人をかかえる家族の会(現・認知症の人と家族の会)・神奈川県支部」の発足当初から会の活動に参加。現在、(社)認知症の人と家族の会副代表理事、神奈川県支部代表。往診・訪問看護を中心にした在宅ケアに取り組み、「認知症をよく理解するための9大法則・1原則」「上手な介護の12か条」を考案、普及。NPO法人全国認知症グループホーム協会顧問や、厚生労働省関係委員としても活躍中。主な著書・監修書に「杉山孝博Dr.の認知症の理解と援助」(クリエイツかもがわ)「ぼけー受け止め方・支え方」(家の光協会)「痴呆症老人の地域ケア」(医学書院)「認知症・アルツハイマー病、介護・ケアに役立つ実例集」(主婦の友社)などがある。

(引用、解説しています)

ポイントは、どうやってトイレまで連れていくか!?です

失禁とは、おもらしのこと。おもらしをしてしまうと、本人もショックを感じています。しかったり騒いだりしたら、さらにプライドが傷つきます。

夜、眠る時には「オムツ」を使ったりしますが、日中、起きていられる認知症の人は使い捨てできる「リハパン」「パット」で工夫して使い分けするのがおすすめですし、トイレに行きたくなっている兆候(サイン)を知れば、対処ができ、介護の負担を減らせます。

失禁への対処

何にでも解決方法があるものです。静かにして、よく観察すれば、見えてきます。数回の失敗くらいは多めにみてあげましょう。そのうちコツがつかめます、あせらないで、子育てのことを思い出しましょう、あるいは、ペットを飼ったことがあるなら、それを思い出しましょう。

大人に、それもお年寄りに失礼で不謹慎な言い方ですが、トイレがしたくなったら、ソワソワしてきたり、話しかけてきたりします。人それぞれですが、必ずサインがあるはずです。

サインを知る

よく観察する

家族は、認知症の人の行動をよく観察してみましょう。トイレに行きたい時、どんな様子になるか。

そわそわしたり、ズボンを脱いだり、うろうろ歩き回ったり、急におしゃべりが多くなったが、「トイレに行きたい」とは発言すること自体がわからずにできないで、おもらししたりしたり、

トイレに行こうと席を立ったのに、行こうとしたこと自体を忘れておもらし(失禁)することがあります。失禁(おもらし)する直前の行動も、冷静に観察するとよいでしょう。

こういった行動をリストアップしておくと、兆候(サイン)を見逃さなくなり、トイレに連れていくことができます。(介護施設などでは「トイレ誘導」と言います)

場所をわかりやすくする

トイレ

認知症の人がトイレの場所がわからなくなるのは、「見当をつけること」が出来なくなるためです。

  • トイレの入り口に「トイレ」「便所」と書いた大きな紙を貼る
  • ベッドがらトイレまで、大きな矢印で誘導する
  • よく見えるようにトイレの扉を開け放っておく
  • 夜はトイレの扉を開け放して、さらに電気を付けておく

という工夫もしてみましょう。

スケジュールをつくる

簡単なスケジュールを作る

1日のおおまかな簡単「排泄スケジュール」をつくってみましょう。簡単に時間ごとに、トイレに連れて行く(誘導する)ということです。

  • 1時間ごと、あるいは2時間ごとにトイレに連れていきます。おもらしの回数が減ってきます。
  • 朝9時に起きてトイレに連れていったら、次は10時、あるいは11時、そうか朝食後などスケジュールにチェックしたりします。
  • 排便は、なおさらやっかいなので、食後のタイミングでトイレに連れて行ったり、
  • 時間がきたらトイレに連れていって座らせてみるなど、工夫しましょう。嫌がるときは、言葉かけに工夫をします。
  • 「お尻の赤くなっているところに、病院からもらってきたクスリを塗りたいから、トイレで塗りましょう」
  • 「その服を洗濯したいから、トイレで脱ぎましょう。お手伝いします。」など、納得させてから、トイレに座らせましょう。

毎回上手くいくとは限りませんが、本人の習慣づけになりますし、家族も習慣になれば、介護の負担を減らせます。

叱らない、騒がない

しかったり騒いだり

おもらし(失禁)をすると、本人もショックを受けています。こういうとき、家族が大騒ぎをしたり、しかったりすると、落ち込んでいる本人の気持ちに、さらにプライドが傷つきます。

認知症の症状が進んだり、トイレに行かなくても済むように、拒食症、水分を取らなくなったり、不安になったり、外出をして徘徊したり、とよけいに介護の負担が増えかねません。

冷静に淡々(たんたん)と始末してあげましょう。

負担を感じないような工夫

シンプルな部屋
  • ①掃除をしやすくする
    • 床を塩化ビニールのクッションフロア、壁紙はビニールクロスなどにすると楽になります。
    • あるいは、余分な物を捨てたり、かたずけたりします。
  • ②排泄の臭い対策
    • 換気口をつけたり、消臭器を置く、などの工夫をします。
    • 新聞紙や広告紙に包んだり、
    • ゴミ箱やビニール袋をあちこちに配置したり、
    • ふたつきゴミ箱にしたり、
    • 1つ1つビニールに密閉して捨てたりして工夫します。

ポータブルトイレを活用

ポータブルトイレ
#ポータブルトイレ

認知症の人は、よほどの末期以外は、立ったり座ったりできます。ですので、トイレに連れていけさえすれば、自力で排泄できます。

トイレの場所が不便だったり、遠かったりする場合は、ポータブルトイレをおいて利用するようにします。病院や介護施設でも、トイレまでいくのが困難な場合は、ベッド横においてくれるポータブルトイレです。

「オムツ」は安易に使わない

高齢者と若者

夜、ベッドや布団で寝るときは仕方ないにしても、日中は「リハパン」「パット」にしたほうが、トイレでの排泄がパンツと変わらず、脱ぎ着が楽です。

それと、吸収が良いので、つい外すのが遅れてしまうとか、トイレに行くのをおろそかにしてしまいます。「オムツ」の中で排泄するのが平気になってしまいます。尿や便が出たかどうかを感じる感覚までマヒしてしまいます。

オムツは「アウター」と「インナー」を組み合わせて使います

高齢者

「排泄アウター」と「排泄インナー」の種類

【排泄アウター】

  • 失禁パンツ・・・普通の下着に吸水層がついている(軽度の認知症や高齢者)
  • 紙パンツ・・・使い捨て紙パンツ(軽・中度の認知症や高齢者)
  • テープ止めタイプ(紙おむつ)・・・寝たまま状態で使いやすい
  • ホルダーパンツ・・・伸縮性がある布パンツ、紙パッドと組み合わせる(軽度の認知症や高齢者)

【排泄インナー】

  • 小パッド
  • 中パッド
  • 大パッド

いずれも男性用、女性用、男女共用、男性の陰部だけを巻き用の短いものなど紙パッドの幅や長さ、厚さなどが選べます。

「快適さ」が一番大切

老夫婦

介護者にとっても、認知症の人にとっても、「快適さ」が大切です。その時の用途に合わせて使い分けが大事です。

  • 一緒に短時間の外出するときは、紙パンツに紙パッドで、家に帰ったらすぐ外せて使い捨て。
  • 通院の時は、長時間になるので、紙パンツに分厚い紙パッド、何枚も用意しておく。
  • 軽度の認知症でトイレに行きたいと教えてくれる人には、布パンツに紙パッドを組み合わせる。

など、それぞれの用途に合わせて、使い分けるのも知っておきましょう。何より、経済的にも負担も軽くなります。

失禁が始まったら専門家に相談

専門医

排泄ケアは個別性が強く、人の体格や動き、もれの量や回数、また、介護者の体力やケアに関われる時間など、様々な条件が関係します。

ケア用品、用具も多種多様です。一般の私たちには選ぶのに、時間と手間がかかりすぎます。最近では、排泄ケアの相談員や、オムツフィッターも増えています。失禁が始まったら相談してみましょう。(経済的なことも含めて)いろいろと近道になると思います。

(オムツフィッターとは、排泄ケアの専門相談員として、用具の提案や設定、アドバイスをする。(株)排泄総合研究所が始めた認定資格)

  • 具体的な相談先、優先順位
    • ケアマネジャー・・・専門家を教えてくれます
    • コンチネンス外来・・・病院で排泄ケアの専門家がいる外来
    • 病院の泌尿器科や婦人科

オムツケアへの配慮

排泄は誰にとっても、デリケートなプライベートなもの。その始末を、自分以外の人にゆだねなければならないのです。認知症の人自身が1番、辛い思いをしています。

オムツのケアには配慮が大切です。

  • オムツは汚れたら、早く交換してあげましょう
  • 交換は手早くし、下半身の露出時間を少なくする(オムツ交換は、最初は慣れませんが、回数をこなすと自然と早くなっていきます。あせらず、なれていきましょう。)
  • ケアをしているところは、他の人の目からかくす。(窓やカーテンを閉めたり、扉を閉めたりしてあげましょう)
  • 交換時には陰部やお尻の清拭(拭き取り)、洗浄をして、さっぱりさせてあげましょう。
  • 「使い捨てお尻ふきシート」で拭いたり、「ペットボトルのシャワー」で洗ったりしてあげましょう。シャワートイレも活用しましょう。

認知症の人だけでなく、介護者もさっぱりと清潔感で満たされます。

  • 交換時には、皮膚のトラブルや、便、尿の異常を早く見つけることができます。(チェックしてあげましょう)
  • 介護者は、使い捨てビニール手袋を必ずつけ、衛生に注意しましょう。
  • 冬場など寒い時は室温に注意し、
  • 手など温めておいたら、スムーズに交換させてくれます。
  • 排泄の臭いなどに、部屋の換気も忘れずにしてあげましょう。

介護者の経験から生まれた知恵と工夫

介護にかかる手間は様々で、家族はそのつど知恵を働かせ、工夫をしながら、こなしています。特に難度の高い「入浴」や「トイレ」をめぐる家族のアイデアです。参考にしてください。

入浴やトイレ、我が家ではこうしています(家族の声)

入浴編

温泉

・お風呂ではなく「温泉」と言ってみる

父は、自宅のお風呂は嫌がるのですが、温泉は大好きです。ですから入浴に誘うときには「お風呂が沸いたよ」ではなく、入浴剤を入れて、「草津の湯を入れたよ」と気分を盛り上げます。父が好きな民謡や歌謡曲のテープを流してあげると、さらに上機嫌になって、喜んで入ってくれます。

・大きなタオルケットを上手く活用

わが家の脱衣室は、洗面所も兼ねていて狭いので、お風呂に行くとき通る食堂で脱ぎ着してもらいます。食堂の要イスに大きなタオルケットをかけて、お風呂に入るときや出た時は、そこに座ってもらいます。脱いだ服は、タオルケットで包んでおきます。大きいので楽に包め、そのまま持ち運ぶこともできます。

「入浴」+「トイレ」編

・トイレを失敗したらお風呂タイム

母は自分でトイレに行けますが、下剤を服用していますので、間に合わないことがあります。でも、失敗したことを責めるのはよくありません。

私は「便秘が続かないで、出てよかったね」と一緒に喜び、お風呂に誘います。汚れた体を洗い、さっぱりとしたころには、母も失敗をしたことを忘れています。気持ちが良くなるためか、夜もよく眠ってくれます。

・お茶やコーヒーかすを消臭に活用

これは病院で教えてもらった方法です。

ペットボトルに緑茶(出がらしで可)を入れ、ふたに穴をあけて、軽く握るとシャワーのようにお茶がでます。この「簡単お茶シャワー」で、陰部やお尻を洗ってあげるのです。お茶には、消臭効果や殺菌効果があるので、良いようです。

またコーヒーを入れた後のカスは、天日で干してビンにストックしておきます。やはり消臭効果があるので、汚物を捨てるときに、ゴミ袋に一緒に入れると、臭い消しになります。

「トイレ」編

Don't panic02

・尿瓶(しびん)はクエン酸で洗う

私はいつも、クエン酸水(水400cc + クエン酸小さじ2)をペットボトルに作っておきます。尿瓶(しびん)を洗うときには、排せつ物をトイレに流した後に、クエン酸水を入れてふたをし、振り洗いをして、中身はトイレに捨てるだけ。臭いもよく取れます。簡単で経済的なので、ポータブルトイレを洗うときもこのクエン酸水で洗っています。

・トイレの床にペット用シート

父はトイレが自立して出来るので、ありがたいのですが、排尿のときはきまってトイレ周りを汚します。そこで我が家では、ペット用の防水・消臭シートを半分に切り、床に敷いています。下まで漏れないので、汚れたシートを片づけるだけで、拭き掃除の手間もほとんどありません。

・覚悟を決め、ときには手で

義母は認知症のためもあって、便秘がひどくなると自分で出そうとしました。そこで私は、使い捨て手袋をトイレに用意しておいて、いざというときには、その手袋をはめ、手で出してあげました。母は下剤を使っても排便のコントロールが難しく、むしろこの方法のほうが慣れてしまえは楽でした。

お風呂に入りたがらない人への工夫

拒否02

嫌がる理由を考えてみる

服を脱がされるのが怖い、人に見られるのが嫌

お風呂に入りたがらない認知症の人はかなり多く、在宅での介護では、悩みのタネの1つです。嫌がる理由は様々です。

  • 昔から入浴が嫌い
  • 服の脱ぎ着が上手くできない
  • 最新式のお風呂は、設備が複雑で使い方がわからない
  • 服を脱がされるのが不安である
  • 自分で体を洗う方法がわからない
  • プライドが高く、人に裸を見られたり、洗ってもらうのに抵抗がある
  • お風呂のお湯が怖い
  • 「汚い」「不潔だ」「臭い」といった言葉で入浴をすすめられると、反発や悪感情をいだいて拒否する場合がある。

嫌がる理由に思い当れば、その逆をついてみましょう

「気持ちが良い」を強調し、本人がその気になるように

・裸を見られるのが嫌な人には、下着を付けたまま入ってもらいましょう

  • 精神状態が良くないときは、すすめるほどかたくなに拒みます。
  • 落ち着いて機嫌が良さそうな時を見計らいます
  • 介護者ではなく、友人、親戚、訪問看護師、医師などが「健康に良いので」とすすめると、入ることがあります。
  • 何気なく、助言をお願いしておくのも手です
  • 「汚いから」「臭いから」は逆効果、入浴すれば「気持ちが良くなる」ことを強調します。
  • 外出できる人なら「温泉に行きましょう」と銭湯に誘ってみましょう。
  • オシャレだった人や、自分の様子を気にする人には、「キレイにしましょう」「お客さんがくるので、きちんとして迎えましょう」とすすめてみます
  • 訪問入浴サービスや、デイサービスの入浴などを利用するのも良いでしょう

専門家が行う入浴サービスは、認知症の人の体を清潔にする要領を心得ています。通所型の入浴なら、本人は外出気分で出かけられますし、介護者も留守の間に、ほかの用事ができます。

まとめ

脳

認知症は脳の病気です。脳の細胞が破壊されていく病気なのです。説得や説教、説明してもすぐに忘れてしまいます。常識は通用しません。

それから、子ども返りしてしまいます。しかし、昔の記憶や受けた感情の記憶が残っていますし、本能がむき出しになっているときもあります。

排泄のポイントはいかに「トイレ」に誘導するか、にかかっています。嫌がる時や、かたくなになる場合は、声かけに工夫をしたり、いったん下がり、次の機会を見計らいましょう。

日中は、使い捨ての紙パンツや紙パッド、夜間は、紙おむつ、認知症が軽度の場合は布パンツに紙パッドなど、かしこく使い分けましょう。

トイレや床や部屋を掃除しやすいように工夫したり、トイレ誘導の時間スケジュールを作ったり、「トイレ」と張り紙をしたり、トイレがしたいときのサイン(兆候)をよく観察したりして見抜いて1歩先を行きましょう。

体調が悪いとき、風邪などで寝込んだ場合は、ポータブルトイレを置き、工夫しましょう。

おもらし(失禁)をすると、本人が1番ショックを受けています。しかったり騒いだりしないようにして、冷静に淡々(たんたん)と始末してあげましょう。

まずはトイレに誘い、使い捨ての紙パンツ、紙パッドで使い分けし、最期の手段や、用途で紙おむつを使用しましょう。

誰でも悩む、デリケートでプライベートな問題に触れました。特に「昔の時代の人」は敏感です。いずれ、順番に老人になります。「老いるショック」にならずに、介護の負担を減らす知恵と工夫を出して、毎日を元気で健康に過ごせますように、参考になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

最後に

歴史05

父や母の若い時代の背景はどんなだったのでしょう。どんな歌が流行ったのでしょう?

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました