入浴介助は便利なグッズと手順で簡単にしましょう

温泉

認知症の人の在宅介護に特化した「入浴」に関することの具体的なポイントを解説しています。認知症の人は、マヒがなく立てれば自分で入浴できます。家族は転倒に注意し見守りながら、手を添えるくらいの介助にし、使いなれた自宅のお風呂に、少しの介護用品を足すだけで簡単で負担の軽い介護ができます。準備と手順を解説しています。

こころのクスリBOOKS よくわかる認知症ケア

川崎幸クリニック院長 杉山孝博 監修

1973年、東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院で内科研修後、地域医療に取り組むために川崎幸病院(神奈川県川崎市)に勤務。1981年、「呆け老人をかかえる家族の会(現・認知症の人と家族の会)・神奈川県支部」の発足当初から会の活動に参加。現在、(社)認知症の人と家族の会副代表理事、神奈川県支部代表。往診・訪問看護を中心にした在宅ケアに取り組み、「認知症をよく理解するための9大法則・1原則」「上手な介護の12か条」を考案、普及。NPO法人全国認知症グループホーム協会顧問や、厚生労働省関係委員としても活躍中。主な著書・監修書に「杉山孝博Dr.の認知症の理解と援助」(クリエイツかもがわ)「ぼけー受け止め方・支え方」(家の光協会)「痴呆症老人の地域ケア」(医学書院)「認知症・アルツハイマー病、介護・ケアに役立つ実例集」(主婦の友社)などがある。

(解説、引用しています)

入浴介助

入浴介助02

体を清潔に保ち、血液循環をよくし、リラックス効果も認知症の人は、マヒがなく立てれば自分で入浴できます。家族は「転倒」に注意し、手を添える程度にして見守ります。自宅のお風呂で、気持ちのよい時間を過ごしてもらいましょう。

入浴のポイント

入浴しやすいバスルームの準備の仕方

介護保険を利用すると、介護用品のレンタル、購入、手すりの取り付けなどの負担金の割合が軽減される物があります。ケアマネジャーに相談しましょう。

便利な介護(福祉)用品を部分的に配置します。

  • すべり止めマット・・・体を洗うところの床・浴槽の中
  • 手すり・・・壁・浴槽
  • バスボード・・・浴槽に入る時にいったん座る板
  • シャワーチェアー・・・背もたれ、手を置くところが付いているものが安心
  • 着替え用のイス・・・脱衣所にイスを置き、更衣時に使います

(介護保険制度を利用するとお金の負担を減らせます)

介護サービスをうけるには?に関する記事→

入浴の手順

入浴介助03

夏はシャワー浴(シャワーだけ)、冬は湯舟につかって、と使い分けて介護を楽に

  • ①脱衣所あるいは、服を脱ぎ気するところの室温と浴室内の温度を温めておく。
    • お湯がもったいないと思わずに、シャワーを出しっぱなしにして室内を温めても良いです。
    • 温度差がゆるいほうがベスト
    • 血圧の変動に注意
    • 室温に温度差があると、血管が急激に縮まったりして、高血圧の人は注意が必要です。
  • ②服の脱ぎ着は、必ず、イスに座って更衣します。(最初と最後)
    • 基本は手伝ってあげますが、いやがる場合は見守ります。
    • 裸になったら、バスタオルを肩から、おおうように、かけてあげても良いです。
    • お風呂に入る気になっていれば、もうこっちのものです。十分に手伝って(介助して)あげましょう。
  • ③シャワーチェアーに座ってもらうのが基本
    • お尻など下半身が汚れているときは、お湯やシャワーで流します。
    • 夏の場合は、先に頭、体を洗ってから、浴槽(湯舟)に入るとゆっくりできます。
    • 冬の場合は、下半身だけ洗い流し、浴槽(湯舟)に入ってから、頭、体の順に洗い、2度目の湯舟に入ります。
  • ④立つときは手すりを持つ
    • 見守りか、お手伝い(介助)
    • 足元のすべり止めマットを確認
入浴介助
  • ⑤浴槽(湯舟)に入る時は、座って体の向きを変えると安定、安心ですし、介助者(介護者)の力も軽減できます。負担が軽く済みます。
    • ですので、浴槽(湯舟)に入る時は、シャワーチェアーやバスボードにいったん座りましょう。
    • 足から浴槽(湯舟)に入れます。
    • 片足ずつ、ゆっくりと。
    • 手すりを持ちながら、立って、再び座り、湯舟に浸かります。
    • 心臓の悪い人で、「半身浴」と医師に言われた場合や、足腰が弱って、立ち上がりにくい場合は、浴槽(湯舟)の中にも低いイスを入れておきます。
  • ⑥浴槽(湯舟)から出るときにも、
    • シャワーチェアーやバスボード、手すりを持って、立ち、いったん座ってから、
    • 体、お尻の向きを変え、足から、ゆっくりと、片足ずつ動かします。
シャンプーハット
  • ⓻頭、体の順に洗う
    • いやがる場合は、「シャンプーハット」を使うと簡単です。
    • タオルで目をおさえるだけでも良いです。
    • 体の前は自分で洗ってもらい、
    • 背中、足元、下半身はお手伝い(介助)してあげましょう。
    • 下半身を洗うときは、手すりにつかまって立ってもらいます。
    • 立てないときは、下半身を洗えるシャワーチェアーを用意しておくと簡単で、便利。(ケアマネジャーに相談しましょう)
  • ⑧冬の場合は、再度、浴槽(湯舟)につかります。
  • ④~⑥を繰り返します。
  • ⑨浴室内で、あらかじめ、全身の水気をふき取ります。
    • シャワーチェアーに座ったまま、
    • バスタオルやフェイスタオルで全身の水気をふき取ります。
  • ⑩更衣室のイスに座らせて、服(パジャマ)をきます。
    • リハパンやパットも使うと排泄(おもらし)の心配も軽減します。
    • テープ式オムツはなるべく使いたくないですが、排泄(おもらし)の量が多いときや、介護者の体調が良くないときには、オムツ、パットで対応しましょう。
    • 冬場の更衣室の温度にも注意し、温かくしておくのがベスト。
    • 電気ストーブを使うと簡単です。
  • ⑪髪の毛をドライヤーで乾かしてあげましょう。
    • 髪の毛が薄い場合は、拭くだけで大丈夫です。
  • ⑫ポカリスエットなどで水分補給をしましょう。

入浴の工夫と注意ポイント

入浴介助05
  • 高齢者は体力が消耗するので、全体の入浴時間は15~20分、浴槽(湯舟)に入る時間は、5分以内、が目安です。
  • 食事のした直後、空腹時の入浴は避けます。(夜だけでなく、お昼や夕方などの安定しているときに入浴もありです)
  • 入浴グッズは、すべてを新しいもの、便利なものにしなくても、本人が気に入っているもの、介護者の使い勝手の良いものもでもOK。
  • 石鹸はつけすぎないようにして、肌に残らないように、よく流します。
  • 温度差は、血圧の急激な変動をまねきます。特に冬は、更衣室と浴室の温度差に注意。暖房器やシャワー(お湯)で温めておきます。
  • 体感温度は人によって違います。介護者は動いていて暑くても、お年寄りは寒いことも。お湯の温度や室温には配慮し、
  • 浴室の窓を開ける場合はお年寄りが湯舟に入っている時が良いです。
入浴介助04
  • 湯舟のお湯の温度は、冬は、40度~41度。夏は、37度~39度くらいを目安にしましょう。本人に聞きながら調節しましょう。
  • 入浴すると汗をかくので、水分補給を忘れずに。入浴前後に、必ず行いましょう。
  • 高齢者のかくれ脱水に注意してあげましょう。本人はあまりのどの渇きを訴えないので。

入浴できないときの清潔を保つ方法

足浴

足浴
  • 足浴用のバケツやタライを使って、足湯をします。ひどい風邪ひきや体が衰弱していなければ、さっぱりして、気分が良くなります。
  • 寝る前にぬるま湯で足浴するとよく眠れます。
  • イスやベッドに腰かけ、体を安定させてから行います。
  • お湯の温度は冬場は40度、夏場は38度くらいを目安にして、
  • 冷めてくれば、足し湯をして温度を保ちましょう。
  • タオルで拭き上げ、保湿クリームなどを塗ればベストです。
  • 石鹸を使っても、足浴剤、沐浴剤、温めるだけなどその時々でいろいろできます。
  • 石鹸よりも「泡のボディーソープ」(ポイントは「泡」)を使うと、ふき取りや洗い流しが素早くできます。お湯を入れ替える手間や体力が要りますから。
  • 介護者自身の体調も見ながらやります。

陰部(下半身)の洗浄

Don't panic
  • これは、病気など寝たきりになった場合には頻繁に行います。
    • (看護師、介護士、ヘルパーなどに、訪問して任せることができます)
  • 自立している場合(自分で立てる場合)は、トイレ、ポータブルトイレなどで座っている時に行うと簡単です。
    • (あるいは、トイレのシャワー機能を利用してもよいと思います。)
  • シャワートイレを使って洗浄した場合は、使い捨てのお尻ふきシートでふき取って簡単です。
  • ポータブルトイレに座った場合は、500mlのペットボトルにぬるま湯を入れ、ふたに穴を数か所入れて、洗浄ボトルをつくります。
    • シャワーのようにして、洗い、シートなどでふき取り、簡単です。
    • (石鹸を使いたい場合は「泡」のボディーソープがおすすめです。洗い流しが素早く、簡単です。)
  • 病気や寝たきりになった場合(ベッド上で行います)
ペットボトル
#フタに穴を開けて、シャワーボトルをつくる

ベッド上での陰部洗浄

用意するもの

  • ビニールシート(ビニールのゴミ袋)
  • バスタオルや使い捨ての排泄ペットシート、紙おむつ
  • 500mlペットボトル(フタに数か所、穴を開けたもの)
  • ティッシュ、タオル、使い捨てシートなど
  • ビニール手袋
  • 「泡」のボディーソープ、沐浴剤(ベビー用など)、清拭剤(薬局で販売しています)

手順

  • ①ペットボトル(手作りシャーワーボトル)にぬるま湯を300ml~500ml入れておく
  • ②下半身にビニールシート、バスタオルや使い捨てのペットシート、紙おむつなどを重ねて敷く
  • ③ビニール手袋を必ずしましょう
  • ④薄めた沐浴剤や清拭剤、泡のボディーソープなどを陰部につけ洗う
  • ⑤まず、ティッシュやシートで洗剤分をふき取る
  • ⑥次に、シャワーボトルでよく流す
  • ⓻最後に、乾いたタオルで拭き取って終わりです(ティッシュ、シートでも可能)

とっても簡単ですが、家族介護では抵抗がある場合、訪問看護や訪問介護に任せてみましょう。

全身の清拭(体をきれいに拭く)

全身清拭とは、タオルや使い捨てシートなどで体を拭き上げること

用意するもの

タオル
  • フェイスタオル
    • 濡れたもの、乾いたもの計3~6本
    • (よく使うので、専用のタオルにしてしまいましょう、マジックなどで「清拭用」などと記名して、洗濯や使いわけすると便利です。)
  • 蒸し(レンチン、お湯でしぼって作る)タオル
  • レンチンタオルの場合
    • 3~5本、濡らしてしぼってレンチンしたタオルをビニール袋に入れる
  • 石鹸は使わず、沐浴剤(ベビー用など)や清拭剤(薬局で販売)を薄めた溶液、あるいはそのままを少量
  • 保湿クリーム

手順

  • ①前側から清拭剤の溶液でレンチン蒸しタオルをさらに濡らし、
    • 顔から胴体~足の順で拭いていく。
  • ②お湯のレンチン蒸しタオルで拭き取る
  • ③乾いたタオルで拭き取る
  • ④横向きにして、背面を首から足の順に①~③を繰り返す耳の後ろも忘れずに
  • 下向きが苦しくない場合は、下向きになってもらい、
  • ①~③を繰り返す
  • ⑤保湿剤を塗って完成です

清拭の注意ポイント

  • お年寄りの肌は弱いので、強くこすったりするのは禁物です。
  • 仕上げは押さえるようにして湿気を吸い取ります。
  • 夏でも乾燥肌の人は保湿剤を塗る
  • 汗はまず蒸しタオルで拭いてから、乾いたタオルで拭くと水気が残りません。
  • がんこな汚れはこすらず、ベビーオイル、清拭剤などを塗って、汚れを落としてから、体を拭く
  • 石鹸の使用は3回に1回とし、普段はお湯だけでふくようにします。

まとめ

認知症の人の「入浴」は少しの見守りと介助、使いなれたお風呂に少しの介護用品の設置で簡単に、介護の負担も少なくできます。

  • ①「入浴」準備グッズ
    • すべり止めマット(浴槽の中)
    • 手すり・・・壁・浴槽
    • バスボード・・・浴槽に入る時にいったん座る板
    • シャワーチェアー・・・背もたれ、手を置くところが付いているものが安心
    • 着替え用のイス
    • シャンプーハットなど
    • バスタオルやフェイスタオル
  • ② 入浴できないときは、
  • 「足浴」「清拭」「陰部洗浄」準備グッズ
    • 足浴用バケツ
    • バケツ
    • 適温のお湯や水
    • 500ミリリットルのペットボトル(シャワーボトルをつくる)
    • 泡のボディーソープ(泡切れがよく、流しやすい)
    • 沐浴剤(ベビー沐浴剤などを使ってもOK)
    • ティシュペーパー
    • バスタオルやフェイスタオル
    • ゴミ袋やビニール袋(45リットル、70リットルなど)
  • 全体の介護時間は15分~20分を目安に行い、体力の消耗に注意する
  • 水分補給を忘れずにする
  • 室内の温度差、お湯の温度に充分注意する
  • 洗浄には、泡ボディーソープがおすすめです
  • 清拭(体拭き上げ)には、ベビー用沐浴剤、清拭剤を使ったり、
  • お湯だけで行ってもよい
  • 日中に「入浴」や「足浴」「清拭」「陰部洗浄」を行ってもよい
  • いずれも、認知症の人の体調と、介護者の体調を考慮しながら行い、
  • できないときは、無理にしないで次の機会(タイミング)を図りましょう。

認知症の人の介護は、気長な長期戦だと心得、あせらず、離れず、気にかけて、認知症の病状を理解しながら、楽な気持ちで介護しましょう。

介護保険サービス、訪問医療、訪問看護などの制度を上手に利用することをおすすめします。

介護サービスをうけるには?に関する記事→

おまけ(笑)

入浴介助06

気分転換と、リラックス効果。最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました